« 【くろがね線を読み解く】第180回 ■有蓋車テヤ5508,5510 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第181回■150mレール輸送 実車走行試験 »

2014年6月23日 (月)

★700000アクセス突破★広電ハノーバー電車

 ブログ通算アクセス数が70万を突破しました。アクセス突破記念はこれまで、毎回時事ネタか地元ネタと決めているので、今回もそのテーマに沿ったものから。(といっても撮影から3か月が経過してしまった…苦笑)

Hannover_hiroden01

 2014年3月21日、瀬野八でEF67形1号機を撮った あと山を下ると、広電ハノーバー電車の1往復目にぎりぎり間に合いました。

Hannover_hiroden02

ドイツのハノーファー市で使用されていた路面電車で、1988年に広電へ寄贈されました。ドイツ語を勉強したことのある方には釈迦に説法ですが、ドイツ語のVの発音は「ヴィ」ではなく「ファウ」であり、濁りません。したがってHannoverの発音は「ハノーファー」であり「ハノーバー」ではありません。ハノーバーという呼称はアメリカ合衆国の街の名前として知られているので、間違いやすいですね。
 

Hannover_hiroden03

1000形電車「ピッコロ」と並びました。Piccoloはイタリア語で「小さい」ですが、こうして並ぶとハノーバー電車の方がピッコロですね。

Hannover_hiroden04

雨が降ってきたので、立体駐車場で待ち構え。

Hannover_hiroden05

ドイツ国旗をはためかせて江波へ向かいます。

Hannover_hiroden06

江波車庫では雨がやみ、他の電車と並びました。

Hannover_hiroden07

サイドビュー。単車の特徴がよくわかります。

Hannover_hiroden08

台枠は板台枠のようです。ボディ側面には寄贈を記念したメッセージが添えられています。

「Hannover grüßt Hiroshima」の「grüßt」は、「grüßen(挨拶する)」という動詞の三人称単数男性形ですが、「ハノーファーが広島に挨拶する」では、いまひとつしっくりきません。しかし、ドイツ人の書いてくるメールの最後によく登場する「MfG」を思い起こすと分かりやすいですね。MfGは「Mit freundlichen Grüßen(ミット・フロインドリッヒェン・グリューセン)」の略で、英語で言う「Sincerely yours」に相当する結びの表現です。「Freund(フロイント)」は「フレンド」ですから、フレーズ全体では「親愛をこめて」みたいなニュアンスになります。それを踏まえると、上の日本語訳もしっくりきますね。

Hannover_hiroden09

これだけ車体が大きいのに自重は10t。昭和1桁の電車にしては軽量車体なんですね。それでいて、付随車を牽引する力があるというのですから、たいしたものです。

Hannover_hiroden10

パンタグラフ。

Hannover_hiroden11

江波車庫から横川まで、今度は乗り鉄を楽しみます。

Hannover_hiroden12

運転台。マスコンは現在の欧州の電気機関車同様に円形ハンドルですが、ブレーキ弁は日本の路面電車とほぼ同じような形です。

Hannover_hiroden13

客室はクロスシートで、1+2列配置なのでゆったりしています。木製の椅子に温かみを感じます。

Hannover_hiroden13aeg

車内の壁にあったAEG(アルゲマイネ)社のメーカーズプレート。

Hannover_hiroden14

横川からの折り返しは、ホームで待っていた大量のお客さんが乗り込み、大人気でした。今度は復活した大正電車を撮ってみたいものです。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第180回 ■有蓋車テヤ5508,5510 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第181回■150mレール輸送 実車走行試験 »

▼私鉄の希少車輌 6.中国四国」カテゴリの記事

アクセス突破記念」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【くろがね線を読み解く】第180回 ■有蓋車テヤ5508,5510 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第181回■150mレール輸送 実車走行試験 »