« ★700000アクセス突破★広電ハノーバー電車 | トップページ | ★710000アクセス突破★某所のスイッチャー »

2014年6月29日 (日)

【くろがね線を読み解く】第181回■150mレール輸送 実車走行試験

 2014年5月上旬の某新聞に、Y製鉄所が4月に発表した150mレールの出荷開始に関連する記事が掲載された。専用貨車にレールを積んだ状態での走行試験を5月下旬に実施するという内容である。一般的に5月下旬といえば5月21日~31日の間ということになるが…??

以前紹介した空車での走行試験は、4月28日(月)スタートで5月1日(木)までの4日間で実施されているが、5月2日(金)は実施されていないため、期間中毎日というわけではなさそうである。さらに、九州北部は毎年5月下旬後半には梅雨入りしてしまうため、訪問するなら下旬の早いうちが良さそうである。

そう思っていたところ、ゴールデンウィーク明けの5月7日、ジェットスターのホームページに朗報を発見した。メルボルン直行便開設記念セールと称し、成田-福岡便が¥5,050-という破格の値段で提供されていたのである。これを利用して仮に日帰りすると、手数料込で往復¥11,000-前後になるが、往路便は成田6:45発であり空港周辺ホテルへの前泊が必要で、実際には総額¥16,000-程度になってしまう。思案の末、往路については羽田6:20発のJAL羽田→北九州便を利用することにした。この便ならば、自宅の最寄駅の始発に乗れば間に合うので前泊は不要だし、北九州空港には7:55着で9時前には小倉駅前に到着するため、ジェットスター便で福岡空港から小倉へ移動するより1時間ほど早着となる。往復総額も¥17,500-前後であまり変わらないため、最も運賃の安い日に訪問することを決めた。

 2014年5月21日、なんとか寝坊せずに飛行機に乗り、7:55定刻で北九州空港に到着。急行バスで小倉駅前まで移動し、9時前にレンタサイクルを借りて今回は東小倉方面へ行ってみることにした。

150mrail_test_ef8145201

 今回の走行試験では、150mレール輸送専用貨車に対して実際に長さ150mのレールを積み込み、走行中のデータを測定することになる。牽引機は、鹿児島寄りがEF81形452号機、幡生寄りがEH500形70号機という、異形式の組み合わせになった。150mレール輸送用編成の幡生寄りには、リサーチキャビンと称するデータ測定作業用コンテナを積載したコキ車と、データ比較用に12ftコンテナを満載したコキ車が各1両連結された。

150mrail_test_ef8145202

ここ東小倉駅では、日豊本線下り普通列車を退避するためにおよそ7分間停車する。走行試験は2往復実施されるが、東小倉での運転停車があるのは1本目の下りだけである。

150mrail_test_ef8145203

停車した150mレール輸送試験列車。

150mrail_test_ef8145203a

停車中に、機関車の後部運転室に人の姿見えた。上の通り、窓越しに記録用のビデオカメラを備え付けていた。見た限り家庭用のハンディタイプなので、測定目的ではなく、曲線や勾配通過時のレールの曲がり具合を記録するためと思われる。

150mrail_test_ef8145203b

11:00を過ぎると、小倉行き5153Mがすぐ脇の下り本線を通過していった。

150mrail_test_ef8145203c

5153Mは小倉止まりの列車であるが、小倉駅では2番線(日豊本線)に停車するため、東小倉で日豊本線へと転線する。

150mrail_test_ef8145203d

5153Mをやり過ごすと、すぐに黒崎に向かって発車していった。中央締結車チキ5450形が、曲線に沿って曲がる150mレールを支えている。

150mrail_test_ef8145203e

曲がる150mレールと、その後方にはリサーチキャビン搭載コキ+データ比較用コンテナ搭載コキ、

150mrail_test_ef8145204

最後尾のEH500-70にも運転士が乗っている。黒崎からの折り返しは、この運転士が運転すると思われる。

 黒崎駅では、折り返し上り列車として発車するまでおよそ40分停車するため、この時間を利用して戸畑方面へ移動することにした。レンタサイクルを利用すれば、東小倉から戸畑まで25分程度である。

150mrail_test_eh5007001

黒崎からやってきた、走行試験列車の上り1本目。今度はEH500が先頭となる。以前も撮影した場所だが、レールを積んでいる列車は上から俯瞰すると様子がよくわかる。

150mrail_test_eh5007002

同列車を、角度を変えて後追い。若戸大橋が綺麗に見えた。広角にしないと先頭から最後尾まで入らないが、150mレールの長さが強調されて見えるので、これはこれで悪くない。

2往復目は、北九州貨物ターミナルで5分停車後すぐに折り返して来るため、急いで浜小倉駅跡地のアミューズメント施設の駐車場へ移動。


150mrail_test_ef8145211

10分ほど待つと、下り2本目がやってきた。山とビルのある小倉駅近郊の街並み。再び移動して、

150mrail_test_eh5007011

上り2本目は小倉駅東の陸橋から。

EH500という機関車は運行範囲が広いため、どこで撮った写真なのか分かり難くなりがちだが、チャチャタウンの観覧車と山陽新幹線が入れば一目瞭然である。レールがしっかり曲がっているのも好ましいし、最後尾のEF81もギリギリだが入ってくれた。

150mrail_test_eh5007012

同列車の後追い。150mレールの曲がり具合を観察するにはうってつけの場所である。背後の山並みと教会(のような結婚式場)も悪くない。日帰り強行軍であったが、なんとか結果を残すことができた。次に本州方面へ走行試験を実施するのは、いつになるのだろうか。

●レンタサイクル スポット利用会員コース誕生

 北九州市内の専用線探訪に便利なレンタサイクル に、新たな料金コースが誕生した。これまでは、24時間365日貸し借り自由なのは会員のみで、非会員は有人レンタルスポットで毎回手続きしなければ借りることはできなかった。会員になると、まったく利用のない月でも毎月¥500-の固定費を支払わなければならなかったが、2014年5月から、月額利用料無料の完全従量制コースが新たに設定され、スポット利用者にとっても敷居が低くなった。もちろん、月額利用料が無い分、利用時間に応じて課金される従量料金は高い(月額固定費ありのコースは¥100-/hに対して、完全従量制だと¥300-/hである)ため、利用頻度に応じて選択したいところ。ざっと試算すると、1年間に4日間、朝8時~16時くらいまで利用した場合に大体損益分岐点になるようだ。賢く利用したい。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★700000アクセス突破★広電ハノーバー電車 | トップページ | ★710000アクセス突破★某所のスイッチャー »

■150mレール輸送」カテゴリの記事

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★700000アクセス突破★広電ハノーバー電車 | トップページ | ★710000アクセス突破★某所のスイッチャー »