« ★695000アクセス突破★赤い彗星の再来 | トップページ | ★700000アクセス突破★広電ハノーバー電車 »

2014年6月18日 (水)

【くろがね線を読み解く】第180回 ■有蓋車テヤ5508,5510

 2014年4月下旬、150mレール輸送用貨車の試運転 を撮るために北九州を訪問した際、久々にくろがね線の有蓋車を綺麗に見ることができた。

Teya5508
■架線保守作業用編成に組み込まれた有蓋車テヤ5508 

 八幡地区の機関庫付近に佇むこの貨車、普段は手前に機関車や貨車が止まっているのだが、この日はくろがね線が高頻度運転をしてくれていたお蔭で、機関車が出払っていて綺麗に見えた。スポーク車輪を履いているし相当古そうな貨車である。

Teya5510
■同じ編成のテヤ5510

 以前紹介した有蓋車と編成を組んでいるが、新しい貨車 が登場して以降は出番がないようだ。そのうち解体されてしまうのだろうか。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許され る区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日 本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★695000アクセス突破★赤い彗星の再来 | トップページ | ★700000アクセス突破★広電ハノーバー電車 »

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★695000アクセス突破★赤い彗星の再来 | トップページ | ★700000アクセス突破★広電ハノーバー電車 »