« ★690000アクセス突破★大宮工場公開後のSL入換 | トップページ | ★695000アクセス突破★赤い彗星の再来 »

2014年6月 8日 (日)

【日立製戦時標準型電機】住友鉱山専用鉄道ED104

 2014年3月下旬、名古屋出張を終えた週末は広島へ向かいました。翌日土曜日は、午前中に引退間近のEF67形1号機 広島電鉄ハノーバー電車を撮影 したあと瀬戸大橋を渡り、新居浜へ。午後はマイントピア別子と別子銅山記念館へ赴きました。

Besshied10401

記念館には、住友鉱山専用鉄道の上部軌道で貨車の牽引に使用されていた蒸気機関車と、下部軌道で使用されていた電気機関車、それに鉱山内部で使用されていたバッテリー機関車と貨車数両(鉱車と人車)が保存されています。電気機関車の方は、戦中から戦後にかけて日立製作所で製作・量産された凸型の機関車と同タイプの車両で、いまでも保存されているのはここにある1両だけです。

Besshied10402

別子銅山の端出場から国鉄新居浜駅、そして海沿いの新居浜港・惣開を連絡するために敷設された住友鉱山専用鉄道では、合計4両の20t電気機関車が使用されていました。うちED101~103までの3両は日立製作所から納入されたものでしたが、最後の1両であるED104は、日立製作所から部品の供与を受け、住友鉱山自身が組み立てています。保存されているのはED104、自分で組み立てた車両というわけです。軌間は762mmのナローゲージですが、車輌限界は軌間の同じ他の鉱山鉄道のものと比較すると一回り大きいようです。とはいえ、国鉄はもとより地方鉄道の車輌限界と比べても、一回り小さいですが。

Besshied10403

末期の塗装を再現しており、屋根がなく屋外展示にもかかわらずきれいな状態を保っています。パンタグラフも健在です。手入れが行き届いています。

Besshied10404

反対側から。同型の機関車はテキ521・522として京福電鉄にも納入され、2014年現在でもえちぜん鉄道の除雪用として活躍しています(詳細はこちら )。京福の車両は戦後の設計で、私鉄向けに窓回りのデザインもRのついた洒落た意匠に改められていますが、住友別子の車両は産業用なので外観はシンプルです。寸法はほぼ同じですが京福のテキ521は軌間1,067mm用ですので、台車は異なり、やや蟹股な印象です。

Besshied10405

住友グループの井桁マークも健在。別子銅山は住友発祥の地で、現在でも新居浜の瀬戸内海沿いには住友化学の工場群が広がっています。JR新居浜駅が2014年現在でも貨物扱いを継続しているのは、この駅に住友化学という大需要家がいるためです。仕事上のお付き合いで名刺交換させていただくと、会社毎に井桁マークの色が違うことに気づきます。私の手元には緑・赤・青の会社のがありますが、ほかにどんな色があるのでしょうか。

Besshied10406

連結器はピンリンク式です。

●おまけ

Besshisl

 私はナローゲージにはあまり興味はないのですが、せっかく四国に来たのでマイントピア別子にも立ち寄りました。実は2001年夏にも来ているので初めてではありませんが、桜が咲いているということで。別子銅山の坑道と専用鉄道を連絡していた軌間508mmの線路の廃線跡に、軌間762mmの軌道を敷設し、観光用のトロッコを走らせています。SL風の機関車は電気駆動で、2本のレールの脇に敷設された3本目のレールから電力を調達して走行します。

【参考】

  • 岡本憲之「究極のナローゲージ鉄道 せまい鉄路の記録集」 講談社、2012年。
  • 岡本憲之「究極の現役ナローゲージ鉄道」 講談社、2013年。

※そういえば著者の岡村さんは先日タモリ倶楽部に出演されていましたね。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★690000アクセス突破★大宮工場公開後のSL入換 | トップページ | ★695000アクセス突破★赤い彗星の再来 »

▼私鉄の希少車輌 6.中国四国」カテゴリの記事

トロッコ・保存鉄道」カテゴリの記事

コメント

社長さん、こんばんは~。
どう見ても神社の境内と言う場所に機関車が並んでるのは面白い光景ですね。
日立の電機というと箱型機や坑内用のイメージが濃くてなかなか凸電は思いつきません。
これより後に製造した凸型機は大分の某鉱山鉄道と名鉄→北恵那デキ250くらいで打ち止めでしょうか。
スタイル的にはこのEDの角張ったところを丸めただけという感じでしたね。

投稿: 西宮後 | 2014年6月16日 (月) 22:59

西宮後さんこんばんは
奥野さん、タムタキさん、モビリオさんと共に君津で遊んできた社長です(´Д` )
日立は機関車製造から撤退して久しいですね。
電機に関しては国鉄向けが多く、私鉄・産業用は数える程しかありませんが、一応日産化学とか決まった形のものが複数台造られているので、規格型と書きました。

機関車また造ってくれないかとも思いますが、どうも電車の輸出に力を入れているようで。

投稿: 社長 | 2014年8月 4日 (月) 20:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★690000アクセス突破★大宮工場公開後のSL入換 | トップページ | ★695000アクセス突破★赤い彗星の再来 »