« 【くろがね線を読み解く】第181回■150mレール輸送 実車走行試験 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第182回 ■入換中の人身事故 »

2014年7月13日 (日)

★710000アクセス突破★某所のスイッチャー

 2014年FIFAワールドカップ・ブラジル大会の観戦で寝不足気味の日々が続いている社長です。日本代表の試合は初戦しか観ていませんが、ドイツ・フランス・オランダの試合は予選から決勝トーナメントまですべてライブで観ました。しかしこのお祭りも、もう明日早朝に行われる決勝戦で、いよいよフィナーレです。2002年の日韓大会以来、本格的にドイツを応援し続けている私としては、何としてもドイツに優勝してもらいたいものです。

 さて、そのワールドカップの開幕戦が行われた直後の2014年6月14日土曜日、所属クラブのACCUM見学会(乗車会??)に参加するついでに、某所へ立ち寄ってきました。

710000_bato
★許可を得て撮影。

 修復が終わるまでの間、盗難防止のために銘板は外されていますが、おそらく左の水色のはカルピス専用側線(国鉄伯備線総社駅連絡)の入換に使用されていた鳥居運送の日立製作所製15屯機、右のマルーンのは住友大阪セメント伊吹工場専用側線(国鉄近江長岡駅連絡)の工場内入換に使用されていた協三工業製10屯機と思われます(正確な情報を確認中です)。右のスイッチャーは、他の同型機を動態化するためにエンジンを抜かれており、現状では自走することができません。

710000_sakahogid804
★入場手続きを経て撮影

こちらがエンジンをもらって復活した、太平洋セメント坂祝SSからやってきた協三10屯機。持ち主の方のお話によると、住友大阪セメントと交渉して譲り受けたとのことでしたが、車体には秩父セメントの社紋が入っていますし、坂祝には住友セメント・大阪セメントのSSは過去においても存在しませんので、おそらく勘違いではないかと思われます。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第181回■150mレール輸送 実車走行試験 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第182回 ■入換中の人身事故 »

▼私鉄の希少車輌 6.中国四国」カテゴリの記事

アクセス突破記念」カテゴリの記事

コメント

車体の社紋は、チチブセメントではありませんか?

投稿: winbeauty | 2014年7月15日 (火) 19:29

winbeauty さんこんばんは
コメントありがとうございます
秩父セメントと書いたつもりが小野田セメントになっていました。
本文修正しました。

投稿: 社長 | 2014年7月17日 (木) 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【くろがね線を読み解く】第181回■150mレール輸送 実車走行試験 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第182回 ■入換中の人身事故 »