« ★740000アクセス突破★East-iE 根岸線・京浜東北線を検測 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第184回 ■戸畑地区D615 »

2014年10月 2日 (木)

★750000アクセス突破★まるまどりーむ最後の力走

 ブログの放置がだいぶ続いておりますが、今日は定時退社後にスポーツジムで2時間汗を流してリフレッシュできたので、久々にアップすることにしました。

 9月の3連休のうち2日間は、JR東日本のフリー切符を最大限活用して東北方面を訪ね、仙台臨海鉄道のレール輸送と新幹線総合車両センターの公開、シキ801B2による変圧器特大貨物輸送、くりでん乗車会での10t半キャブロッド駆動貨車移動機による貨車牽引デモ走行を見物しました。3日目は、ところ変わって長野県へ向かい、9月に引退する上田電鉄まるまどりーむの最後の力走を目に焼き付けました。

Ueda201409byebye01

まずは上田駅から。前回は数年前の冬に来ましたが、雪が多すぎてあまりまともに撮れなかった想い出が…。

Ueda201409byebye02

引退を惜しむトレインマーク?が付いていました。もう1本の編成はノーマルな姿ですが、この日はヘッドーマークあり/なしの編成2本が両方ともデイタイムに運用に就いていたので、とても効率よく撮ることができました。上田電鉄のホームページには運用表が掲載されており、まるまどりーむ2本が両方ともデイタイムに運用に就くのが何月何日なのかを事前に知ることができました。

今回引退するのは7253編成だけということになっていますが、事実上の引退イベントとみて良いと思います。というのも、私のような遠方在住者が上田電鉄を訪れる場合、たいていは土休日の日中になりますが、7200形が運用に就くのは平日の朝夕ラッシュ時が中心だからです。1000形は予備編成含めて4本もあるので、検査等で運用を離脱していない限り、土休日の運用は1000形だけで賄えてしまうのです。一般に、引退が決まっている編成は、引退が近づけば近づくほど運用入りする日を狙って訪問できるチャンスは少なくなりますので、ギリギリになってからではハードルが高くなるだけで賢明とは言えませんね。こういった企画でわざわざ走らせていただいている機会を有効活用するのが良いでしょう。

Ueda201409byebye04

よく撮りにきた踏切付近で。

Ueda201409byebye05

次は下之郷の先の田圃の中で。稲穂が成長して足元が隠れますが、それも一興。

Ueda201409byebye06

下之郷では、新旧顔合わせが実現。


Ueda201409byebye07

花壇もきれいです。


Ueda201409byebye08

田圃で足元が隠れるならば、こんなのもアリです。そういえば、惜別トレインマーク付きの編成は乗ってばかりで正面から撮っていなかったな…ということで、

Ueda201409byebye09

最後に山バックで。東急のオールステンレス車両はあまり琴線に触れないのですが、塗装されていたりラッピングされていると、好感が持てます。身勝手ですが(笑)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★740000アクセス突破★East-iE 根岸線・京浜東北線を検測 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第184回 ■戸畑地区D615 »

▼私鉄の希少車輌 2.関東甲信越」カテゴリの記事

アクセス突破記念」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★740000アクセス突破★East-iE 根岸線・京浜東北線を検測 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第184回 ■戸畑地区D615 »