« ★760000アクセス突破★JR貨物フェスティバル記念HM付貨物列車 | トップページ | ★765000アクセス突破★鹿児島市電花電車2014年おはら祭 »

2014年10月25日 (土)

【くろがね線を読み解く】第187回 ■150mレール輸送東海道本線実車走行試験

 以前報告したY製鐵所製150m長尺レール輸送の試運転は、50mレールと同様に、黒崎-西浜松間のみならず黒崎-東京タ間でも実施されるようである。10月19日夜、西八幡でリサーチキャビン積載コンテナ車を併結した150mレール輸送編成の出発準備が終わっているとの情報が弊ブログのコメントに寄せられた。試運転列車がいつ運行されるのだろうかと思っていると、10月23日夜、東岡山を通過して山陽本線を上っていく試運転列車の動画がYoutubeに投稿された。夜に東岡山通過となると、その日は稲沢で夜間滞泊し、翌金曜朝に西浜松へ移動、その翌日の土曜昼に西浜松を出発して東京タへ移動する、というシナリオが見えてくる。50mレール輸送に使用される列車は、最高速度75km/hの8862列車だが、今回の試運転は九州で実施された時と同様に最高速度95km/hが前提となるため、同じダイヤではなさそうである。

 10月25日土曜日、早起きして西浜松へ行ってみることにした。

150mrail_test_01n700

 9時前に浜松駅近くでレンタサイクルを借り、西浜松貨物駅へと向かう。南側のパチンコ屋の立体駐車場から新幹線が綺麗に見えた。Y製鉄所からJR東海浜松レールセンターへ輸送されている50mレールのほとんどは、溶接されてロングレールとなり、東海道新幹線に使用されている。上の写真の区間のレールも、Y製鉄所製ということになる。

150mrail_test_02ef2009

1kmほど西進すると、着発線に、150mレール輸送走行試験編成が停車しているのを見つけた。機関車を連結したままだがパンタは降りているので、発車まではまだ時間がありそうな雰囲気である。

150mrail_test_03ef2009

陸橋の上からリサーチキャビン積載コンテナ車を俯瞰。機関車次位のコンテナ車は、以前言及したように、レールを積んだチキと所定荷重のコキを同時に走らせてデータを比較するために連結されたものである。奥には、JR東海の在来線用ロングレール輸送に使用されているキヤ97系が空車状態で留置されていた。

150mrail_test_04ef2009

最後尾には、なぜか空車のコキが1両連結されていた。奥のレールセンター引込線の授受線には、50mレール輸送用チキ5500形3両編成が空車状態で留置されていた。

昼過ぎまで動きがなさそうなので、浜松駅に戻り、浜名湖養魚漁業協同組合の直営店でうな重特上を食べて気合いを入れ、早速東海道を上ることにした。

150mrail_test_05ef2009

 金谷から移動し、14時を過ぎると、EF200形9号機が牽引する150mレール輸送実車走行試験列車がやってきた。先頭のチキ5400形に差さっていた列車指定表示票から読み取ると、西浜松→東京タ間の列車番号は9082レであった。


150mrail_test_06chiki

リサーチキャビンの後方に続く150mレール。

このあとは掛川からこだまに乗って熱海下車、湯河原へ先回りする。

150mrail_test_07ef2009

長編成だとカーブでも迫力がある。終日逆光だが山に日が沈んでくれたおかげで撮ることができた。

150mrail_test_08rc

リサーチキャビン+150mレール。今年5月に九州を訪れて撮った試運転列車を、東海道本線で撮ることができた。感無量である。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★760000アクセス突破★JR貨物フェスティバル記念HM付貨物列車 | トップページ | ★765000アクセス突破★鹿児島市電花電車2014年おはら祭 »

■150mレール輸送」カテゴリの記事

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★760000アクセス突破★JR貨物フェスティバル記念HM付貨物列車 | トップページ | ★765000アクセス突破★鹿児島市電花電車2014年おはら祭 »