« ★JR九州★唐津車両センターのスイッチャー | トップページ | ★770000アクセス突破★JR九州マヤ34軌道検測(前編) »

2014年11月17日 (月)

【くろがね線を読み解く】第189回 ■60DD-3形D609

 2014年11月、ジェットスターのセールで福岡→成田¥1,000-という恐るべき切符を入手できたので、日帰りで福岡へ行くことにした。

D609
■八幡構内で入換中のD.609.背後はD.442    2014年11月

 八幡地区では、戸畑地区へ導入された60DD-3形D609が呼び寄せられ、構内の入換に使用されていた。構内の150mレール積込設備や半製品ヤードの入換のために必要な機関車数が増えたためか、昨年秋以降だけでもD617、D441など、これまで八幡地区で見ることのなかった車両を見かける機会が増えている。もともとは八幡地区の予備機であったはずのD445も、入換に従事している姿を見かけるようになった。

寸法や性能は、既に紹介している60DD-3形と同じである。1975年(昭和50年)日本車輌製造製で、製造番号は3201.

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★JR九州★唐津車両センターのスイッチャー | トップページ | ★770000アクセス突破★JR九州マヤ34軌道検測(前編) »

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

 A.日車のスイッチャー」カテゴリの記事

コメント

 はじめまして。
 3ヶ月前、仕事で八幡製鉄所を訪れて以来、構内線や「くろがね線」に興味を持つようになりました。それ以前は、あまり関心が無かったのですが。
 最近、「くろがね線を読み解く」と出会い、勉強を始めたところです。
 福岡へ日帰りとは、すごいですね。

投稿: 上総鉄道 | 2014年11月24日 (月) 16:37

上総鉄道さんはじめまして
お仕事で訪問されたとは羨ましいです。構内には縦横無尽に線路が張り巡らされていたのではないでしょうか?
弊ブログは見たまま情報が中心であまり勉強になる内容は無いと思いますが、またコメントいただけると嬉しいです。
私は千葉県の出身なのですが、貴ブログの流山電鉄の記事は懐かしく拝見しました。お写真はちょうど私が生まれた直後の時期に撮影されたもののようで、幼少時代の思い出・風景と重なります。

投稿: 社長 | 2014年11月25日 (火) 20:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★JR九州★唐津車両センターのスイッチャー | トップページ | ★770000アクセス突破★JR九州マヤ34軌道検測(前編) »