« ★775000アクセス突破★JR九州マヤ34軌道検測(中編) | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第190回 ■八幡地区で稼働率上がるD445 »

2014年12月 4日 (木)

★780000アクセス突破★JR九州マヤ34軌道検測(後編)

 前回の続きです。2014年9月27日土曜日に鹿児島中央駅からマヤ検を追いかけ小倉駅至近のホテルに泊まり、翌28日日曜日は日豊本線沿線へ。大分方面のマヤ検は、ソニックで追いかければ最大4回撮ることができます。寝坊したため小倉付近を6時台に通過する1回目のチャンスは逃しましたが、気を取り直して2回目からチャレンジすることにします。

Jr9_maya140928_01

 7時過ぎのソニックに乗りマヤ検を追いかけると、行橋で追い抜きました。まずは宇佐駅で下車して所定の場所へ向かいます。ここは寝台特急富士を2回撮りに来たことがある思い出の場所。朝の下り列車が順光ですがなぜか撮りに来る時はいつも曇るというジンクス。今回も三度目の正直とはならず、二度あることは三度ある…。

Jr9_maya140928_02

 おおっ、遠くからやってきましたよ。

Jr9_maya140928_03

樹木が成長して苦しい角度ですがなんとかゲット。引き続き後続のソニックで下ると、

Jr9_maya140928_04

杵築で追いつきました。日豊本線が東へ向かってカーブしている場所のため、宇佐とは反対側が順光になります。停車時間が長いため、徒歩で有名な橋の方へ移動します。

Jr9_maya140928_05

 各駅停車を一本やり過ごすと、後続でマヤ検がやってきました。今回の追っかけで一番綺麗です。

Jr9_maya140928_06

上り勾配を行くマヤ検。DE10の車体が黒いので、遠くから見るとSLみたいですね。また後続のソニックに乗ると、亀川?でマヤ検を追い抜き別府に到着。ここで各駅停車に乗り換えて西大分へ。

Jr9_maya140928_07

西大分で降りたのは、この貨物駅のスイッチャー(貨車移動機)とマヤ検の並びを撮れないかと考えたためです。到着時にちょうど貨車の入換を行っていました。期待して待っていると、マヤ検が通過するタイミングでこの日散々お世話になったソニックが手前の上り線を通過。見事に被りました。

Jr9_maya140928_08

ソニックの最後尾が過ぎ去ったあと苦し紛れに撮りましたが、今度は肝心のスイッチャーがマヤ検の背後に(苦笑) なかなかうまくいきませんね。とはいえ、JR九州は自由席特急料金が安いので、気軽に追っかけを楽しめるのはいいことです。また違う撮影場所でチャレンジしてみたいものですね。(完)

●西大分に新型スイッチャーDB25-106登場

 この日西大分に寄ったのはもう一つネタがあったからにほかなりません。

Jr9_maya140928_db2510601
■荷役線に留置中のDB25-106    2014年9月28日、西大分

東京を出発する直前に相互リンク先の「奥野君の専用線日記」の奥野さんから教えていただいた、黄色いスイッチャー。もともと西大分には、機械番号06-28-01-001と、06-28-01-505の二両のスイッチャーが配置されていましたが、先ほど紹介した朱色のは505の方。001が消えて、代わりにこのスイッチャーDB25-106が登場したというわけです。

Jr9_maya140928_db2510602

まだ運用には就いておらず、荷役線の端で休んでいました。この日に偶然小倉でとあるブログ読者の方にお会いしたのですが、その方の情報によると、まだ認可が下りていないため運転できないとのことでした。

Jr9_maya140928_db2510603

昭和48年日本車輌製造製、製造番号2970、車検は京都の自動車整備会社である八尾内燃機(株)、となれば、専用線趣味界で知らない人はいないであろう、あのスイッチャーですね。

Jr9_maya140928_db2510604
■紀州製紙専用側線で入換中のDL106   2012年7月16日撮影

かつて紀勢本線鵜殿駅に連絡する紀州製紙(現 北越紀州製紙)専用側線で使用されていたスイッチャー、DL106です。2013年3月をもって貨物列車の発着がなくなり、用途不要となって西大分へ転じたというわけです。

Jr9_maya140928_db2510605

新製配置は、四日市の関西本線塩浜駅に連絡する石原産業専用鉄道で、液化塩素を輸送するタキ5450形貨車の入換などに使用されていました。

Jr9_maya140928_db2510606

石原産業専用鉄道で貨車の入換が廃止されたあと、紀州製紙へと転じましたが、しばらくは予備機扱いでなかなか稼働する機会がありませんでした。この写真も、相互リンク先の奥野さんに動いているのを教えていただいて、奥野さんが撮影された日の翌日にようやく撮れたものです。

Jr9_maya140928_db2510607

鵜殿へ行ったのは……というより紀勢本線に乗ったのはこの時が最後ですね。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★775000アクセス突破★JR九州マヤ34軌道検測(中編) | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第190回 ■八幡地区で稼働率上がるD445 »

▼JRの珍車・名車」カテゴリの記事

 A.日車のスイッチャー」カテゴリの記事

アクセス突破記念」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★775000アクセス突破★JR九州マヤ34軌道検測(中編) | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第190回 ■八幡地区で稼働率上がるD445 »