« ★780000アクセス突破★JR九州マヤ34軌道検測(後編) | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第191回 ■2009年6月の運行履歴 »

2014年12月 6日 (土)

【くろがね線を読み解く】第190回 ■八幡地区で稼働率上がるD445

 前回記事にて、八幡地区の機関車の同時稼働数が増えている旨を報告した。今回紹介するのは、普段は予備扱いになっている八幡地区の機関車D445牽引の構内列車である。

D445_yawata01

 2014年11月の某平日、レンタサイクルを返却して、ホテルのフロントに預けた荷物を受け取りに行く途中、D445が牽引する貨物列車に遭遇した。すぐに大型ショッピングセンターの屋上駐車場へ駆け上がり、なんとか撮ることができた。D445については、以前機関区に留置されている姿を紹介している(→こちらの記事)ほか、三菱化学物流のスイッチャーの検査輸送も撮っている。(→こちらの記事

D445_yawata02

この列車は、左手にある八幡の工場から右手にある第二操車場へ向かうもので、貨車はその後くろがね線で戸畑へと返却される。防水フード付き貨車は戸畑から八幡へ冷延コイルを輸送するものなので、八→戸の逆輸送は空車である。

なおD445牽引の列車が走行している線路の2本手前の線路が左手前に分かれてカーブしているが、これは150mレール積込設備に向かう新設された線路(支線)である。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★780000アクセス突破★JR九州マヤ34軌道検測(後編) | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第191回 ■2009年6月の運行履歴 »

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

 B.日立のスイッチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★780000アクセス突破★JR九州マヤ34軌道検測(後編) | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第191回 ■2009年6月の運行履歴 »