« ★790000アクセス突破★平成27年を迎えたモハ27 | トップページ | ★795000アクセス突破★在りし日の銚子電鉄1002号 »

2015年1月 3日 (土)

【くろがね線を読み解く】第194回 ■前田地区の半製品ヤード撤去される

 2014年末に八幡地区を訪れてみると、前田に設けられていた半製品貯蔵用のヤードが撤去されていることに気付いた。

Yawatayarderased2014122901

 以前紹介した前田地区の線路と半製品置場は、2014年第一四半期に実施された戸畑地区の高炉改修により、高炉→転炉→連鋳までのプロセスが停止する間、後工程に半製品を供給し続けるためのストックヤードとして機能していた。4月中に予定通り高炉改修が終わった後も暫くの間は、貯蔵された半製品(スラブ・ブルーム)がクレーンで貨車に積み込まれ、戸畑に向けて搬出されていた。2014年11月13日まではその場所に線路があったのを確認しているが、12月29日にホテルの窓から眺めてみると、

Yawatayarderased2014122902_2 Yawatayarderased2014122903

左写真の通り見事に線路が剥がされて更地になっていた。奥の赤い屋根の建物の手前に見える灰色の山は、線路撤去に伴って発生したバラストだろうか。右写真が2014年11月13日の状態であり、僅か1か月で綺麗さっぱり撤去されてしまったことがわかる。

 半製品ヤードの敷設が2013年夏頃であったので、わずか1年半で姿を消したことになる。思いのほか短命の線路であった。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★790000アクセス突破★平成27年を迎えたモハ27 | トップページ | ★795000アクセス突破★在りし日の銚子電鉄1002号 »

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★790000アクセス突破★平成27年を迎えたモハ27 | トップページ | ★795000アクセス突破★在りし日の銚子電鉄1002号 »