« 【くろがね線を読み解く】第196回■旧本事務所前に眺望スペース設置へ | トップページ | ★北府中のスイッチャー★名鉄向け新形電気機関車甲種輸送 »

2015年1月26日 (月)

【くろがね線を読み解く】第197回■八幡地区用40T積台車

 2014年末に八幡地区を訪れてみると、機関区脇に40t積の平台車が留置されていた。足回りは以前紹介している50Mレール輸送用の40t積み台車とほぼ同じだが、全長は若干短い。また台枠上には長物輸送に使用するトラス構造の台座を載せていた。

40tuta

実車の表記を観察すると、以下の通りであった。

  • 形 式 : 40B-1
  • 記号番号:ウタ5943
  • 車 号 : 443
  • 編成番号:&F
  • 自 重 : 13.5t
  • 荷 重 : 40t
  • 軸配置 : 2-2
  • 製造年、製造所: 不明

40tutawheel

アーチバー台車を備えているのは、50Mレール輸送に使用されるU1~U4編成の40t積台車と同じである。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第196回■旧本事務所前に眺望スペース設置へ | トップページ | ★北府中のスイッチャー★名鉄向け新形電気機関車甲種輸送 »

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【くろがね線を読み解く】第196回■旧本事務所前に眺望スペース設置へ | トップページ | ★北府中のスイッチャー★名鉄向け新形電気機関車甲種輸送 »