« ■北総7260形■寝坊しなければ撮ってみる~201503 | トップページ | 安中行東邦亜鉛号 今改正で武蔵野線経由へ »

2015年3月 8日 (日)

【くろがね線を読み解く】第199回 ■チキ5400形・5450形交番検査後入換

 2014年11月12日、東海道本線での実車走行試験を終えてJR貨物小倉車両所に入場していたチキ5400形、5450形が交番検査を終え、171列車で西八幡へと回送された。

Chikikoken14111301

朝起床してくろがね線を撮影後、西八幡へ行ってみると、いつもの製品担当スイッチャーD442 がエンジンをふかして待機していた。ほどなく黒崎へ到着した171列車が、機回しのうえ折り返して西八幡へとやってきた。後方には、機関車側から順にチキ5400-1、チキ5500-18、チキ5450-1を連結していた。

Chikikoken14111302

まず最も東京寄りのチキ5400-1から観察する。この車両は以前試運転の際にも撮影しているが、そのときは車軸周りに測定装置やケーブル類が取り付けられており正調な姿ではなかったので、あらためて撮影した。

Chikikoken14111303

台枠側面にも変化があり、以前はシールで隠蔽されていた「150Mレール輸送」の表記が白日の下にさらされていた。(以前の状態はくろがね線を読み解く第168回を参照) 

Chikikoken14111304

小倉車両所で交番検査を受け、11月12日に出場した証拠も記録。

Chikikoken14111305

つづいて、黒崎寄りの中央締結車チキ5450-1。 

Chikikoken14111306

ロングレール用長物車の積付具は、JR旅客会社各社とも草野産業製のものが多い(少なくともJR東日本の越中島常備車とJR九州の遠賀川常備車は、この会社の製品を採用している)。

 

Chikikoken14111311

牽引機のEH500が黒崎方向へ引き上げると、D442の出番。到着したチキ5400-1を1両切り離し、

 

Chikikoken14111312

最奥の線路へ押し込む。くどいようだがスイッチャーはリモコン制御で、運転士は貨車の先頭に乗っている。

 

Chikikoken14111313

奥には既に交番検査を終えた他の150mレール輸送用チキが留置されていたらしく、それらの車両(チキ5500-16、17、19~21、チキ5400-2)を連結して引き出し、

Chikikoken14111314

合間にJR九州の臨時工事列車用チキ6000まで連結して入れ換え、切り離したのち、

 

Chikikoken14111315

再び奥へ押し込んでチキ5500-19~21、チキ5400-2を切り離し、

 

Chikikoken14111316

チキ5400-1、チキ5500-16、17の3両を、この日到着した貨車へ連結。

Chikikoken14111317

これで、スイッチャー寄りからチキ5400-1、チキ5500-16、17、18、チキ5450-1の編成が出来上がり。あとはこれを先ほどチキを留置した場所へ押し込んで連結し、以前紹介した150mレール輸送用正調編成が完成した。(押し込んだ場所がかなり奥なので写真はない。あしからず)

●2015年3月ダイヤ改正で150mレール輸送列車登場

Chiki5400545001

 2015年3月14日(土)のダイヤ改正では、JR貨物に150mレール輸送用の95km/h列車(8090レ/8091レ)が登場することになっている。貨物時刻表2015はダイヤ改正に合わせて発売されるようなので、ぜひお手に取って確認していただきたい。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ■北総7260形■寝坊しなければ撮ってみる~201503 | トップページ | 安中行東邦亜鉛号 今改正で武蔵野線経由へ »

■150mレール輸送」カテゴリの記事

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■北総7260形■寝坊しなければ撮ってみる~201503 | トップページ | 安中行東邦亜鉛号 今改正で武蔵野線経由へ »