« ◆SLレトロみなかみ(C61 20)◆2015年初夏 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第203回■日豊本線経由鹿児島工臨の入換 »

2015年6月28日 (日)

★885000アクセス突破★583系みちのく

 私が幼少期を過ごした1970年代後半から80年代前半、常磐線の特急といえば、クリーム色に赤い帯を纏った485系特急ひたち号でした。583系使用の寝台特急ゆうづる号も走っているにはいましたが、私の住んでいた千葉県松戸市内は早朝深夜の走行でしたので、子供がそんな時間に外出しているはずもなく、馴染みがありませんでした。そんなわけで、土日などの日中に外出した際、稀に白昼堂々583系に遭遇すると興奮したものです。なんで寝台電車が昼間に走っているのだろうと最初は疑問に思いましたが、トレインマークを見てその謎もすぐに解決しました。

885000_583michinoku01

時期的にはちょうど特急列車のトレインマークが文字マークから絵入りマークに変更された頃です。特急のヘッドマークに採用されているものは、海、山、鳥が圧倒的に多いのですが、真っ赤な地色に「コケシ!?」という、子供でも一度見たら忘れない圧倒的な存在感を、みちのく号は持っていたのでした。

885000_583michinoku02

今回運転された臨時みちのく号は、青森側に絵入りマーク、いわき側に文字マークが表示されていました。前述のとおり私の青春時代は絵入りの方なので、絵入りマークが先頭になってくれてよかったです。

885000_583michinoku03885000_583michinoku04

3段式電車寝台を表す★★に、みちのく青森の表示。内装は、常磐線基準で海側が座席、山側は寝台がセットされていました。車窓を楽しむも良し、寝るも良しで、楽しそうです。寝台はシーツ無しのゴロンとシート扱いだったようで、特急ではなく急行としての運転でした。

885000_583michinoku05
■いわき発水戸線経由青森行の急行みちのく 2015年6月28日、赤塚-内原

 電車で追い抜いてインカーブから俯瞰。昨日の583系ひたちは、休日出勤で撮れませんでしたが、日中の上野口583系の間合い運用といえば、はつかり・みちのくが王道だと思っていますので、みちのくの方が撮れてよかったです。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ◆SLレトロみなかみ(C61 20)◆2015年初夏 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第203回■日豊本線経由鹿児島工臨の入換 »

▼JRの珍車・名車」カテゴリの記事

アクセス突破記念」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆SLレトロみなかみ(C61 20)◆2015年初夏 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第203回■日豊本線経由鹿児島工臨の入換 »