« ★910000アクセス突破★相模鉄道厚木貨物線 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第207回 ■遠賀川RC 50mレール着後入換 »

2015年8月31日 (月)

◆神奈川臨海鉄道◆末広町発T社変圧器輸送

  神奈川臨海鉄道浮島線の末広町駅には、電機メーカーT社の専用側線が連絡しており、不定期で大物車シキを用いた変圧器の発送・到着があります。変圧器の到着は以前紹介しましたが、今月発送がありましたので報告します。

20150822_shiki850c01
■T社から出場するシキ  2015年8月22日、神奈川臨海鉄道末広町駅

  今回輸送された変圧器は、末広町駅から川崎貨物駅を経由し、JR高崎線の熊谷貨物ターミナル駅へと向かうもので、変圧器2個が2回に分けて(2列車で)発送されました。

ふつう川崎貨物駅を深夜に発車する特大貨物列車(積車)は、その日の朝の9170列車で末広町から川崎貨物まで出場し、日中は駅構内に留置されるのが通例です。今月2回目の発送では、川崎貨物駅を8月24日月曜日未明に発車する予定でしたので、ふつうに考えると23日日曜朝に出場しそうな気もしますが、現実には異なり、22日土曜朝に出場しました。大物車の空車が末広町へ到着したのが21日金曜朝でしたので、1日あれば荷役は終わるとみて、結果的にこれが正解でした。特大貨物列車の発送日を推測する際は、空車到着日から起算して工程を考えていくのが得策のようです。発車する日から逆算しても正確さを欠き、空振りすることが多いです。

20150822_shiki850c02

電機メーカーT社専用側線から末広町駅構内へ入って2つ目の踏切を渡ったところで、列車は一旦停車し、後方の大物車の確認作業が行われました。

20150822_shiki850c03

発車したのは8:42頃でした。牽引機は神奈川臨海鉄道で最も新しいDD603。

20150822_shiki850c04

先回りして川崎貨物駅構内の陸橋から俯瞰。

20150822_shiki850c05

後ろからも。落とし込み式大物車シキ850Cに変圧器が収まっている様子が、上から見るとよく分かります。

20150822_shiki850c06

浮島到着線でシキを切り離すと、DD603はヨ8000形を引き連れて引上3番線1区へ移動、

20150822_shiki850c0720150822_shiki850c08

ヨを切り離すと、ふたたび浮島到着へ向かい(左)、シキを連結して引上3番線1区に戻りヨと連結しました(右)。

20150822_shiki850c09

これでJR線走行時の編成組成は終わり。あとは、JRの電気機関車が受け取れる架線下の留置線(上り機待3番線)まで入換を行うことなるのですが、

20150822_shiki850c10

まず推進で北側へ向かいます。上り機待3番線は逆方向にあるのですけど。

20150822_shiki850c11

変圧器を載せたシキ850C

20150822_shiki850c12

大きさ的には若干余裕がありそう。

20150822_shiki850c13

一旦陸橋の向こうまでいった後、スイッチバックして

20150822_shiki850c14

引上2番線へ転線し、今度は南へ向かいます。

20150822_shiki850c15

下り着発線まで至ると、またスイッチバックしてようやく上り機待3番線に到着しました。このジグザグ入換が川崎貨物の名物ですね。

●おまけ

20150822_tkswx2

8月22日は、東京総合車両センターの公開日でもありました。E235系展示などで賑わっていましたが、車両センターの入換用スイッチャーも重連で展示。天候にも恵まれ、絶好のイベント日和となりました。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★910000アクセス突破★相模鉄道厚木貨物線 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第207回 ■遠賀川RC 50mレール着後入換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★910000アクセス突破★相模鉄道厚木貨物線 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第207回 ■遠賀川RC 50mレール着後入換 »