« 【くろがね線を読み解く】第207回 ■遠賀川RC 50mレール着後入換 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第208回■緩急車、再び無人化か »

2015年9月 2日 (水)

★915000アクセス突破★三井化学専用鉄道のお得な光景

 2015年8月末に三井化学専用鉄道を訪れた。この専用鉄道では、三井化学大牟田工場(宮浦駅)とJR大牟田駅(仮屋川操車場)の間に2往復の貨物列車が運行されている。運行はいずれも朝で、1往復目で空車の貨車を仮屋川操へと運び機関車は単機で宮浦へ戻り、2往復目で今度は単機で仮屋川へ向かいJRから実車の貨車を受け取って宮浦へ戻る。

Mitsui2015082901
■貨車を連ねて仮屋川へ向かう1往復目 2015年8月29日、宮浦

 1往復目では、天気が悪いことを逆手に取り、西側から発車シーンをとらえた。このアングルは通常逆光でまともに撮れないので、曇りの日こそ狙い目である。「お得な光景其の壱」。現地で落ち合った相互リンク先のUTXCさんの情報では、1往復目で宮浦を8:21に発車すると、仮屋川からの戻りの単機回送はJR鹿児島本線の下り貨物列車4093レと並走することがあるとのこと。早速仮屋川付近へ急行した。

Mitsui2015082902

すると、予言どおりに並んでくれた、4093レと宮浦行単機回送。「お得な光景其の弐」。左端の線路は西鉄天神大牟田線のもので、新栄町8:31着の西鉄特急が定時で来ると、うまくいけば西鉄、4093レ、炭鉱電車の3並びが実現することもあるらしい。

3並びと言えば、梅田駅を発車した阪急電車が等速で並走する場面を想像するが、こちらの大牟田3並びは、よりダイナミック。なにしろ、3本の列車はそれぞれ異なる速度でこちらに向かってくるのだ。西鉄特急は新栄町停車のため時速60km/h程度に減速、4093列車は時速90km/h程度で走行、炭鉱電車は時速30km/h程度でゆっくり走行。西鉄・鹿児島本線・三井化学専用鉄道の並走区間は300mに満たないのに、そのわずかな区間で3者が一瞬の並びを見せる。羨ましいことに、UTXCさんがそんなシーンを見事に捉えておられる。(→こちらの記事を参照) こんなシーンをいつか撮りたいものだ。それまでに、まずはJRと西鉄の間の線路沿いの草刈りをしてもらわねば。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第207回 ■遠賀川RC 50mレール着後入換 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第208回■緩急車、再び無人化か »

アクセス突破記念」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【くろがね線を読み解く】第207回 ■遠賀川RC 50mレール着後入換 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第208回■緩急車、再び無人化か »