« ★945000アクセス突破★福井鉄道で大型車運用増加 | トップページ | 【福井鉄道610形百景】F1000形運用離脱により檜舞台へ! »

2015年11月12日 (木)

★950000アクセス突破★国鉄油須原線跡 赤村トロッコ

 2015年11月上旬、八幡製鉄所起業祭参加のついでに西大分貨物駅に立ち寄り、福岡空港へ帰る途中で赤村トロッコを訪れました。

Akamura01

 プロフィールページでナローゲージに興味のないことを公言している私ですが、ここは気になる存在でした。通常のトロッコは鉱山鉄道や森林鉄道の保存鉄道であることが多いのですが、赤村トロッコは一味違います。国鉄の路線として建設が進められながら、上山田線として開業した西側の僅かな区間を除き、日の目を見ることなく放棄された幻の未成線、国鉄油須原線。その路盤に実際に線路を敷き、列車を走らせてしまうというところに、そこはかとないロマンを感じるのです。

Akamura02

油須原線は、戦後に鉄道建設公団が建設した路線だけあって、北越急行や智頭急行を髣髴させる高規格路線。筑豊の石炭を、筑豊本線経由で洞海湾方面へ運ぶだけでなく、苅田港へも輸送できるように短絡線として計画された、ほぼ貨物専用線ともいえる路線です。赤村トロッコは、国鉄田川線(現:平成筑豊鉄道田川線)と油須原線の分岐点付近に設けられた赤駅を起点とし、油須原線の路盤を走行して隣の大任町との境界(トンネル内)までを往復します。

Akamura03

当初は普通鉄道サイズの車両を走らせる構想もあり、車両も一部購入していたそうですが、油須原線の未成線用地に上水道管の設置工事をした際、路盤を約1mほど嵩上げしたためにトンネル断面が小さくなってしまい、断念。ナローゲージのトロッコ鉄道として計画を練り直し、神岡鉱山からバッテリー機関車を譲り受けて運行することになりました。

Akamura03kousha

赤駅には、神岡鉱山から一緒に譲り受けたのでしょうか、軌道上に人車も置いてありました。

Akamura04noogata

赤村から福岡空港へは、平成筑豊鉄道の一日フリー切符を活用し、直方・篠栗線経由で向かいました。直方と言えば、石炭記念館のSL。貝島炭鉱専用鉄道のコッペル32号と、石炭車ロト22号です。これはJR筑豊本線や平成筑豊鉄道伊田線の車窓からも見えるので有名ですね。

Akamura05airloco

そして訓練坑道のエアーロコ。那珂川清流鉄道保存会が食指を伸ばしていたようですが、こういうのは地元にあるからこそ価値が分かるものです。単独で栃木に移設されたら何のことやらわかりません(笑)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★945000アクセス突破★福井鉄道で大型車運用増加 | トップページ | 【福井鉄道610形百景】F1000形運用離脱により檜舞台へ! »

アクセス突破記念」カテゴリの記事

トロッコ・保存鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★945000アクセス突破★福井鉄道で大型車運用増加 | トップページ | 【福井鉄道610形百景】F1000形運用離脱により檜舞台へ! »