« ■接待貨物撮影■武蔵野線にて | トップページ | ★950000アクセス突破★国鉄油須原線跡 赤村トロッコ »

2015年11月 5日 (木)

★945000アクセス突破★福井鉄道で大型車運用増加

201304fukuramblue
■脱線事故を起こしたF1000形青編成  2014年4月、西山公園-西鯖江

 2015年10月15日、福井鉄道木田四ツ辻電停付近で、FUKURAMことF1000形電車が脱線事故を起こしました。福井新聞の報道によると、現場はレールの幅が基準より5mm広がっていたとのことですが、他の形式の車両は通常5mm程度の誤差で脱線することはなく(そもそも曲線区間から直線に入る部分なので、軌間は1,067mmより広くなっていて当たり前)、車両側に問題がある可能性が高いとみられ、福井鉄道は当面の間FUKURAMの運行を停止することを決定しました。

201304fukuramorange
■FUKURAMオレンジ編成  2013年4月、泰澄の里-三十八社

同設計の編成もあわせて運用離脱したことから、収容人数の多い連接タイプの大型車両が急遽必要とされ、旧形式が活躍しています。

S20020151102

 2015年10月下旬、事故直後に訪れると、200形203号が日中に運用に入っていました。この形式は土日日中運用も珍しくないのですが、

S60061020151102

来年に引退が予定されている610形も大活躍。600形と合わせ、土日でも旧形式の活躍が見られるようになっています。

 以前はなかったのですが、最近では、越前武生駅の窓口奥にあるホワイトボードに、その日に運用される予定の形式毎の列車番号(または越前武生駅発車時刻)が記載されていることが多いため、計画的に撮影or乗り鉄を楽しむことができます。列車の運用は、当日午前中の分は前日夜に、当日午後の分は午前中には決定します。したがって、朝一番に見ても午後の運用まで把握することはできません。経験的にだいたい10:30頃には午後便も決まっています。

またホワイトボードの記述は、列車が発車した時点で消されるので、運用中の列車は掲載されていませんので注意が必要です。次回は、福井鉄道610形百景をお届けします。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ■接待貨物撮影■武蔵野線にて | トップページ | ★950000アクセス突破★国鉄油須原線跡 赤村トロッコ »

▼私鉄の希少車輌 4.北陸」カテゴリの記事

アクセス突破記念」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■接待貨物撮影■武蔵野線にて | トップページ | ★950000アクセス突破★国鉄油須原線跡 赤村トロッコ »