« ★960000アクセス突破★さよならEF65 1118スーパーエクスプレスレインボー塗装機 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第214回 ■輸出岸壁への25mレール出荷 »

2015年12月 7日 (月)

【くろがね線を読み解く】第213回 ■世界遺産の旧本事務所外観

 Y製鐵所で毎年開催されているお祭り、起業祭。2015年は恒例の工場見学はなく、この年に世界遺産となったY製鐵所関連四施設のうちの一つ、旧本事務所の外観が公開された。

20151107_sekaiisan01

 当日は旧本事務所のみ撮影可能で、見学コース内でも残念ながら周囲は撮影不可。私は建築のことは詳しくないので、写真のみ紹介する。

20151107_sekaiisan03

入口付近に簡単な説明版があった。

20151107_sekaiisan02

私の通っていた大学も、本館は戦前の設計で、似たような雰囲気を持っていた。

20151107_sekaiisan04

裏手に回ると広いスペースがあった。ここにはもともと別棟があったが、撤去されて以降、資材置き場になっていたのを更地にして綺麗に整備したとのこと。修繕工場の方は今回は移動中のバスから外観を見学するのみであったが、内部で現在でも現役で稼働中のドイツ GHH社製クレーンが動くところを、ぜひ見てみたかった。

 今回唯一の収穫は、第二操車場を初めて肉眼で確認できたことである。線路の本数では第一操車場に勝るとも劣らない迫力があり、留置貨車も多い。機関庫もあるので、普段外から動くところを眺めている機関車の定位置がどこなのかも知ることができた。

※写真はすべて2015年11月7日撮影

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★960000アクセス突破★さよならEF65 1118スーパーエクスプレスレインボー塗装機 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第214回 ■輸出岸壁への25mレール出荷 »

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★960000アクセス突破★さよならEF65 1118スーパーエクスプレスレインボー塗装機 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第214回 ■輸出岸壁への25mレール出荷 »