« ■名古屋臨海鉄道■ND55216の去就やいかに!? | トップページ | ★大宮総車セのスイッチャーOM-1★形態に変化 »

2016年2月 6日 (土)

東邦亜鉛号にEH500形1号機が充当

 2016年2月6日土曜日、安中行の東邦亜鉛号にEH500形電気機関車の1号機が充当されました。

Eh5001_01

 今日の安中行貨物列車は、タキ1200形×12両+トキ25000形×6両のフル編成。今年は、1月11日~2月15日まで東邦亜鉛小名浜で定期修理が予定されており、期間入りしてからトキのみの短い編成がしばらく続いていましたが、2月3日からは通常のフル編成(タキ12+トキ6、日曜はトキ無)に近い状態まで復帰しています。なお小名浜の定期修理期間中でもトキが運転されるのは、トキで輸送している亜鉛精鉱が、小名浜の焙焼炉とはプロセス上なんの繋がりも無いためです。亜鉛精鉱は、オーストラリアから輸入したものをそのままトキ車へ積んで安中へ運んでいます。

Eh5001_02

EH500-1は、JR貨物大宮車両所で全般検査を受け、1月27日に出場したばかりの機関車です。前部標識灯の高さや赤の色調は検査前そのままで出場しました。出場日は所要で外出する機会があり、たまたま発車するところに遭遇しました。

Eh5001_03

大宮から仙台総合鉄道部まで無動力回送された際の回送車票はこの通りです。いいものが見られました。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ■名古屋臨海鉄道■ND55216の去就やいかに!? | トップページ | ★大宮総車セのスイッチャーOM-1★形態に変化 »

コメント

はじめまして EH500-1の全検明けで検索してこちらのサイトへたどり着きました
入場時と同じ色で出場するんですね
あとこの場所は以前快速線と緩行線のあいだにホチキス針状の柵がありましたが、写真をよく拝見すると、撤去されているのですね

投稿: HN | 2016年2月 7日 (日) 23:19

HNさまこんにちは。
今回久しぶりに訪れたら、仰る通り快速線と緩行線の間にあったステープルの柵がなくなっていました。長い編成でも正面からだけでなしに斜め前からも撮れるようになりました。でも経緯はよく分かりません。

投稿: 社長 | 2016年2月 8日 (月) 12:17

補足します
参考情報ですが、昨年3月改正で安中行が武蔵野線経由に変更されたのに伴い、この場所を通過時に列車が減速するようになりました。常磐線から武蔵野線への連絡線が北小金駅の構内で分岐しており、武蔵野線は分岐側(反位側)のため速度制限を受けるためです。

投稿: 社長 | 2016年2月10日 (水) 00:24

EH500-1出場した時にはOM-1,2で入れ換えたのでしょうか

投稿: OM2 | 2016年2月15日 (月) 03:10

OM2さんおはようございます
ご質問のEH500-1の出場は、牽引するELが北側に連結した状態で工場の授受線内に待機していて、時刻になったら、推進で直接11番線に出てきて、発車、というフローでした。
出場は初見のため、常にこのフローなのか、機関車の場合だけなのか、はたまたJR貨物の車両の場合限定なのかは、残念ながら分かりません。
私見では、OM-1, 2は大宮総合車両センターから外には出られない、大宮駅構内には入れないと思われますので、たぶんですが、使われないと思います。

投稿: 社長 | 2016年2月16日 (火) 08:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■名古屋臨海鉄道■ND55216の去就やいかに!? | トップページ | ★大宮総車セのスイッチャーOM-1★形態に変化 »