« ◆京成スカイライナー◆AE100形ラストさよなら運転 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第222回■さようならありがとゥ~ »

2016年3月 6日 (日)

■神奈川臨海鉄道■T社発特大貨物輸送シキ1000×3

 2016年3月5日(土)、神奈川臨海鉄道浮島線で、末広町発川崎貨物行の特大貨物列車が運転されました。これは、末広町駅に連絡する専用側線経由で、電機メーカーT社浜川崎工場から発送される変圧器を新潟県内の東北電力三条変電所へ輸送するために設定された列車です。JR川崎貨物駅を発車するのは6日未明の予定です。

Dd603_shiki1000x301

 この日は午後に栃木県へ行く予定があったため、末広町からの追いかけはせず、川崎貨物駅周辺でおとなしく撮ることにしました。京急小島新田駅に8時半前にでも着けば間に合うだろうと思い自宅から向かうと、到着して5分も経たないうちに末広町からの列車がやってきました。乗った大師線が次の列車だったら間に合わないところでした。

Dd603_shiki1000x302

今回はシキ1000形3両編成に変圧器を1基ずつ積んで来ました。末広町発の特大貨物列車は過去にも撮影していますが、浮島町線でシキ1000は撮ったことが無かったもので。

Dd603_shiki1000x303

浮島到着で一旦停止した編成は、いつも通り一旦仕訳線の方向へ進んだあとスイッチバックして、

Dd603_shiki1000x304

引上3番1区へバックしてきました。

Dd603_shiki1000x305

今回輸送された変圧器の拡大。福島県の松川にある北芝電気製とのこと。

Dd603_shiki1000x306

そのまま引上3番2区へ進み、またスイッチバックして今度は引上2番へ。

Dd603_shiki1000x307

引上2番を進む特大貨物編成と、それをカメラで記録する神奈川臨海鉄道の従業員の方々。JR貨物にとって、特大貨物輸送は重要な収入源です。グループ会社である神奈川臨海鉄道にとっても、同様です。撮影された写真は、JR貨物グループとして営業活動を行う際に使用されるのでしょうか。特大貨物輸送に使用される大物車は、荷を積んでいる場合に速度制限がある(最高45km/h、シキ1000のみ75km/h)ためにJR本線上は列車の少ない深夜帯に走行することが多いため、明るい時間帯の走行写真は意外と貴重なのかもしれません。

Dd603_shiki1000x308

再びスイッチバックして推進で機待3番へ入り、留置。この一連のジグザグ運転も、末広町発の特大貨物列車の特徴ですね。

Dd603_shiki1000x309

入換が終わると、牽引機のDD603は逆ルートをジグザグして塩浜機関区へと戻っていきました。

●DD60形ディーゼル機関車DD603

Dd603_shiki1000x310 Dd603_shiki1000x311

 DD603は、2014年(平成26年)に増備された神奈川臨海鉄道で最も新しい機関車です。上は2014年8月31日に塩浜機関区前で撮影した新製配置後間もない頃の姿です。601と602の相違点は、台枠側面の手すりの形状の違いでしたが、602と603はほとんど違いがありません。しいて指摘するなら、603は端梁の後部標識灯(テールライト)が片側1個のみとなっている点でしょうか(601と602は左右1個ずつ装備)。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ◆京成スカイライナー◆AE100形ラストさよなら運転 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第222回■さようならありがとゥ~ »

▼JRの珍車・名車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆京成スカイライナー◆AE100形ラストさよなら運転 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第222回■さようならありがとゥ~ »