« 台湾鉄道珍道中(目次) | トップページ | ★台湾★中壢駅のスイッチャーDL-2003 »

2016年5月15日 (日)

【くろがね線を読み解く】第226回 ■150mレール輸送初のJR東日本向け50Nレール

 2016年5月15日土曜日、JR東日本向け150mレール28本を積載したチキ車9両編成は、170列車として10:45に予定通り黒崎駅を発車した。関東に来るのは翌日曜日となるため、日曜日は昼前に家を出て神奈川県方面へ赴くことにした。

3rd50nrail_01

昼過ぎにほぼ定刻でやってきた、150mレール輸送用の8090列車。今回の牽引機は吹田機関区所属のEF66形106号機であった。この場所も、樹木が成長して脚立無しでは撮れなくなった。

3rd50nrail_02

相模貨物駅で運転停車し8087列車に継送される間に先回りし、今回は馬入川橋梁にて。平塚・茅ヶ崎両駅を連絡するバスの停留所も近くロケーションは良いが、8087列車は上り旅客列車と並走してくるため、裏被り率が極めて高い。こうしてスッキリ撮れるかどうかはポジショニングと運しかない。

3rd50nrail_03

翌日の9295列車は、昼休みにいつもの眼医者に通院する予定があったので、ついでに。

●60kgレールと50kgNレールの輸送時の相違点

 今回輸送されたのは、従来の60kgレールではなく、50kgNレールであった。150mレール輸送に使用される中間車(チキ5450形)の積付具は、60kgレールと50kgNレールで異なるため、外観上は色の違いにより識別が可能である。

3rd50nrail_11

上は60kgレール輸送時の積付具。レールを押さえつけている金具を含めてすべて黄色である。

3rd50nrail_12

こちらは50kgNレール輸送時の状態。レール間に挟まった積付具が緑色なのが分かる。

3rd50nrail_13

JR東日本向けの150mレール輸送で、50kgNレールが輸送されたのは今回が初めてとなるが、他の納入先を含めて今後も継続するのか、大変興味深い。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 台湾鉄道珍道中(目次) | トップページ | ★台湾★中壢駅のスイッチャーDL-2003 »

■150mレール輸送」カテゴリの記事

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台湾鉄道珍道中(目次) | トップページ | ★台湾★中壢駅のスイッチャーDL-2003 »