« ★郡山総合車両センターのスイッチャー★L2-3号機の485系国鉄特急色入換 | トップページ | ◆JR東日本◆417系訓練車の走行 »

2016年6月22日 (水)

■東邦亜鉛号■安中精錬所の定期修理の影響

201607_teishu
■亜鉛焼鉱積載のタキ1200形12連を引き連れて安中を目指す   2015年6月6日、内原付近

 非鉄金属メーカーT社の安中精錬所では、2016年7月19日からお盆前後にかけて、定期修理が予定されています。修理期間中は、安中精錬所の電気亜鉛生産設備(硫酸亜鉛溶液から電気分解により亜鉛を析出させるための設備)や、蒸留亜鉛生産設備(亜鉛精鉱を焙焼炉で酸化し、その後カーボンで直接還元することにより亜鉛を取り出すための設備)が、一時的に停止する可能性があります。

このため、期間中の小名浜発安中行の貨物列車は、編成が短くなる、貨車が連結されず機関車単機となる、運休するなどの影響が想定されます。仮にそのような事象に遭遇したとしても、列車廃止説やメーカー不振説、工場廃止説など、根も葉もない怪情報を拡散しないようお願いします。

★2016年7月18日追記

 安中の定期修理開始は上記の通り7月19日ですが、これに先立ち7月16日~18日の3連休の段階で、既に荷を積んだタキ車が連結されなくなっていることが確認できました。定期修理が終わるのは9月上旬の予定ですので、当面はトキ車のみが続き、いずれ運休になると思われます。例年通りですと定期修理終了の数日前~1週間程度前には連結貨車の両数も徐々に増えてくることが多いため、今年も8月末頃までには復活すると思われます。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★郡山総合車両センターのスイッチャー★L2-3号機の485系国鉄特急色入換 | トップページ | ◆JR東日本◆417系訓練車の走行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★郡山総合車両センターのスイッチャー★L2-3号機の485系国鉄特急色入換 | トップページ | ◆JR東日本◆417系訓練車の走行 »