« ■仙台臨海鉄道■青い森鉄道向けレール輸送 | トップページ | ★富士駅★製紙メーカーN社のスイッチャー D351 »

2016年6月 6日 (月)

車輌メーカーH社の機関車を訪ねて2016

 2016年某月某日、車輛メーカーH社の公開イベントに行ってきました。いつも通り、正門で記帳して撮影許可証をもらい、胸か腕の見えやすい場所に貼り付けます。H社構内にはかつてリニア地下鉄試作車や試作電車が残されていましたが、いずれも解体。今年5月までにED500-901も姿を消し、あまり見るべきものが無くなってしまいました。

Hitachimitoa0120160604

変化としては、昨年イベントにあわせて搬入されたED78形1号機(当所製)が再塗装され、保管スペースに屋根が付いたことでしょうか。美しい姿を披露していました。

Hitachimitoa0320160604

運転台を覗けるようにステップが置かれていましたが、昇れるのは1エンド側(国道門側)だけでした。

Hitachimitoa0220160604

機関車製造に携わっていたOBの方がたまたまいらしたので訊いてみると、当所製の機関車で引退したものの一部は、今後も引き取って保存したいようなことを仰っていましたが、それならばED500を保存してほしかったなぁ。やはりこのメーカーにとっては汚点なのか。。

Hitachimitoa0620160604

去年と違い1エンド側からも見られたのは良かったです。この機関車が利府で保存されていた際も、1エンド側は隣の機関車がすぐ傍にいてギチギチでスペースが無く、うまく撮れませんでしたので、これは嬉しいですね。

Hitachimitoa0520160604

そしてステップを昇ると窓ガラス越しではありますが運転台を見ることもできました。状態が良いですね。

Hitachimitoa0720160604

 ED15形1号機も、今年は再塗装され、大変美しい姿になりました。そしてなんとパンタグラフが2基とも上がっています! 昨年までは降りた状態でしたので、これは嬉しい誤算でしたね。

Hitachimitoa0820160604

せっかくの姿ですから、反対側からも。

Hitachimitoa0920160604

 イベント会場から門に向かって帰る途中、以前紹介した構内鉄道用の車両にまた出くわしました。機関車には特に変わったところはありませんが、今回は貨車を2両連結していました。

Hitachimitoa1020160604

うち機関車寄りの1両は、2軸ボギーの長物車で、

Hitachimitoa1120160604

なんとアーチバー台車を履いていました。このタイプの台車を履いた貨車は、古い製鉄所にまだ若干現役のものが残っていますが、珍しいことには違いありません。良いものが見られました。

◆2016年のEF200-901甲種輸送の記事はこちら

◆2017年訪問時の記事はこちら

-----------------------------------

●おまけ

Skd20220160604

 製鉄所繋がりで、帰り際にもう1両。銘板によると1975年4月協三工業製の20t機関車で、車軸配置はB、製造番号20881でした。ダルマのようですがまだちゃんと車輪が付いています。かつてはD202というナンバープレートが付いていたとのこと。エンジンメーカーと型式は調べましたが銘板が見つかりませんでした。土地管理者に電話にて許可を得て撮影。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ■仙台臨海鉄道■青い森鉄道向けレール輸送 | トップページ | ★富士駅★製紙メーカーN社のスイッチャー D351 »

 C.協三工業のスイッチャー」カテゴリの記事

 Z.バッテリーロコ」カテゴリの記事

コメント

社長さん、こんばんは~。
ED78 1~、友人と新幹線総合車両センター見学に行った(むしろ交流電機群が目当てでしたが ^ ^;)とき撮影しました。あのときは確かにギチギチに置かれてたので真正面しかまともに撮れなかったです。

最後の某製鉄所DL~
同じタイプのが新小岩操車場だったかで国鉄貨車移動機として試用されてましたね。
協三工業のサイトに写真がありますが他でほとんど見かけません。

投稿: 西宮後 | 2016年6月16日 (木) 22:18

西宮後さんこんばんは
たしかに、貨車の検査設備が川崎に移転する前、新小岩には無線操縦の20トンDLがいましたね。
写真では見たことがあります。
写真のDLはレール幅1435mmのため同型ではありませんが、よく似ています。簡易運転台の中にはラジエーター通気口があり、運転士はエンジンルームからの騒音に悩まされていたことでしょう。

投稿: 社長 | 2016年6月21日 (火) 19:42

何と!窓越しに中に見えてたのはラジエターグリルでしたか。
それにしても冷却効率が悪そうですね~。

投稿: 西宮後 | 2016年6月22日 (水) 22:15

西宮後さんこんばんは
そうなんです。冷却効率はたしかにそうでして、元々低速走行しかしない前提なのかもしれません。
このD202の後継のD203が北陸重機から納入されていますが、

http://www.hokuju.com/news/2015/02/post-15.php

同じようなスタイルで、「橋梁下を通過するために車体高さを低くした」とあるので、隣接工場建屋間の移動など稼動範囲もかなり限られているのではと思われます。

投稿: 社長 | 2016年6月23日 (木) 18:11

某製鉄所DLの車は旧■■■■の物です、私は1988年に現地確認撮影しております。日立に保存?されているとは知りませんでした。

投稿: エンジ軌道 | 2017年5月15日 (月) 21:17

エンジ軌道様
こんにちは
コメントありがとうございます。仰るとおりの拠点の機関車です。最近機関車がオレンジ色に変わったみたいですね。また久々に航空写真を確認すると、高炉北側に半製品用のストックヤードと線路も増設されていますね。しばらく見ないうちに変化があるようです。撮影されているとは羨ましいです。なお保存されていた場所は、本文のとおり「日立からの帰り際」ですので、日立に保存されているわけではございません。
最後になりますが、当該は私が訪問した時点で既にナンバープレートの盗難等の被害が出ているので、活躍していた場所も含めて保管場所は伏せました。コメントについても伏字とさせていただきましたので、ご了承ください。
それでは、今後ともよろしくお願いします。

投稿: 社長 | 2017年5月17日 (水) 12:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■仙台臨海鉄道■青い森鉄道向けレール輸送 | トップページ | ★富士駅★製紙メーカーN社のスイッチャー D351 »