« ★炭鉱電車保存車4両★三川坑跡へ移送 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第233回■日本製紙への譲渡車D439 »

2016年8月26日 (金)

【くろがね線を読み解く】第232回■八幡への貸出機D441

D441
■八幡地区の機関区に留置中のD441. D609、615、617などと共に代わる代わる八幡へ貸し出されている。   2016年夏

 今回は45DD-12形ディーゼル機関車D441を紹介する。この機関車は永らく戸畑地区の配置であったが、以前の記事で紹介した八幡地区の半製品ヤード竣工に伴い、2013年5月頃から断続的に八幡地区にも姿を現すようになっている。

D441n

八幡地区の45DD-12形は銘板がボディと同じクリーム色に塗装されていることが多いが、戸畑地区の機関車の銘板の色は朱色であったり青色であったり様々である。この機関車も青い銘板で、遠くからでも他の機関車とは異なることが識別できる。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★炭鉱電車保存車4両★三川坑跡へ移送 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第233回■日本製紙への譲渡車D439 »

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

 B.日立のスイッチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★炭鉱電車保存車4両★三川坑跡へ移送 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第233回■日本製紙への譲渡車D439 »