« 【くろがね線を読み解く】第227回 ■戸畑溶銑機75DD-1形 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第229回 ■接岸中のPacificSpikeを俯瞰 »

2016年8月17日 (水)

【くろがね線を読み解く】第228回 ■標準塗装に復したE8501

 以前の記事で紹介した、くろがね線用電気機関車85ED-1形E8501の塗色変更。今回の訪問で、ようやく変更後の姿を実見することができた。

E8501201608

2016年3月下旬に、それまでのワニ塗装から標準塗装に変更されて以降、現地を訪問された方の記録を拝見していると、このE8501が運用入りしていたのはそれほど長くはなかったようである。私が訪問した8月15日も、パンタグラフを降ろして車庫に留置されていた。通常この機関区では、運用入りしていない方の電気機関車もパンタグラフを上げて待機していることがほとんどであるため、しばらく使用していない可能性がある。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第227回 ■戸畑溶銑機75DD-1形 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第229回 ■接岸中のPacificSpikeを俯瞰 »

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【くろがね線を読み解く】第227回 ■戸畑溶銑機75DD-1形 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第229回 ■接岸中のPacificSpikeを俯瞰 »