« 【くろがね線を読み解く】第238回■若竹号ふたたび | トップページ | ◆JR四国12・14系客車◆東武鉄道譲渡甲種輸送 »

2016年9月27日 (火)

【くろがね線を読み解く】第239回■製品倉庫東ヤードのチキ5500形

Nishiyahataeastyard

 西八幡付近の製品倉庫の東側にある小ヤードには、ここ数年、JR貨物からは引退したはずの赤茶色のチキ5500形(いわゆる九チキ)が留置されている。最初は廃車解体待ちで留置されているのかと思ったが、よく見ると合図台車テテ(上写真のゼブラ模様の貨車)を連結しており、Y製鐵所の構内輸送に使用されていると推察される。先日たまたま九州在住の方とお会いした際に訊いた情報では、この貨車がレールを積んで走行しているのを目撃したことがあるとのこと。このことから、たとえば以前紹介した40t積軌条台車「ウタ」に廃車が出て、その補充のためにJR貨物から譲り受けたチキ5500を構内専用として使用しているのかもしれない。ウタはアーチバー台車にスポーク車輪装備の古典貨車のため、いつ置き換えられてもおかしくはない。

 なおこの場所へのアプローチは黒崎バイパス完成後に実現したもの。バイパス工事中は資材搬入経路で当然立ち入りは禁止であったが、完成後しばらくして駐車場になった。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第238回■若竹号ふたたび | トップページ | ◆JR四国12・14系客車◆東武鉄道譲渡甲種輸送 »

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【くろがね線を読み解く】第238回■若竹号ふたたび | トップページ | ◆JR四国12・14系客車◆東武鉄道譲渡甲種輸送 »