« 【くろがね線を読み解く】第240回■JR東日本大宮新幹線保線技術センター(東鷲宮工臨) | トップページ | ■EF200形901号機■日立製作所水戸事業所へ »

2016年10月10日 (月)

【くろがね線を読み解く】第241回■150mレール輸送列車 東鷲宮行き

 鷲宮保守基地は、JR東北本線東鷲宮駅に隣接する東北新幹線用の保線基地である。東北新幹線で使用されるレールは、鷲宮保守基地内にある大宮新幹線保線技術センターまで在来線経由で貨車で運ばれてくるが、前回の記事で述べたとおり、2016年度より、レールの発送元がJR東日本東京レールセンター(越中島貨物駅)からY製鐵所(黒崎駅)へと切り替えられた。

鷲宮保守基地は、東北新幹線開業30周年を迎えた2012年より、毎年鉄道の日に合わせて10月に一般公開を行っている。例年は10月中旬に開催されることが多かったが、2016年はY製鐵所からの150m長尺レールの到着が10月上旬に控えているためか、10月1日(土)と早めに開催された。大宮新幹線保線技術センターのレール取り卸し設備は、敷地外からは綺麗に見えないため、観察するには一般公開が絶好の機会となる。

Higashiwashinomiya03

 早速訪れてみると、今年1月に観察した時と比較して、門型クレーン6基がすべて新しいものに交換されていることに気付いた。職員に訊いてみると、Y製鐵所からの150mレール搬入に備えて従来のクレーン(新旧各3基)をすべてリプレイスしたとのこと。もちろん最新型なので、一人で6基を同時に制御(同期制御)もできるし、個別制御も可能とのこと。自慢の新型クレーンは、奥の高架線を走る東北本線上り線の車内からも、よく見える。

Higashiwashinomiya05

在来線(軌間1,067mm)の線路を走行する貨車入換用の軌道モータカーも、従来のTMC200C(一番右端)に、新たな仲間が2両が加わった。一番左は新潟トランシス製TMC400Bで、2008年頃よりJR東日本の保線基地に大増殖しているタイプである。真ん中の東北新幹線E5系のような塗装の機種は、富士重工製TMC400Aで、TMC400Bが登場する前に主にJR東日本管内の各地の保線基地にいたタイプである。いずれも、後位側にクレーンなどの装備はなく、入換動車のようなスタイルである。

Higashiwashinomiya06

前回の記事で詳細をお伝えできなかったTMC200C。車体表記によると、諸元は以下の通りであった。

  • 型  式 : TMC200C
  • 製造年月: 1976年(昭和51年)2月
  • 製造所 : 富士重工
  • 製造番号: 695
  • 管理番号: 51  02-6078
                08-16

水平線では荷重160tを45km/hで、10‰では110tを20km/hで、25‰では60tを15km/hで牽引可能である。

 このように、大宮新幹線保線技術センターは、レールを積んだチキ車を入れ換えるための軌道モータカーと、レールを取り卸すためのクレーンを更新し、150mレール受入態勢を整えていた。

●黒崎発東鷲宮行き150m長尺レール輸送列車、ようやく運転

 2016年10月3日月曜日、黒崎駅を10:45に170列車として発車したのは、JR東北本線東鷲宮行きの150mレール輸送列車であった。北九州貨物ターミナルからは8090列車として山陽本線・東海道本線を東進し、10月4日に相模貨物駅着。翌日10月5日水曜日に8075列車に継送され(実質的には列車番号と牽引する機関車が変わるだけだが)、レールを積んだチキ車9両編成は、相模貨物駅から東鷲宮駅まで予定通り運転された。この日は午前中に所用があり、午後から東北本線沿線に向かったのだが、人身事故の影響で京浜東北線・東北本線共に遅れており、予定していた与野周辺での撮影は叶わなかった。

Higashiwashinomiya11

仕方なく、大宮操の見えるさいたま新都心駅のホームで待っていると、東北貨物線の一番奥の下り線に8075レが姿を現した。

Higashiwashinomiya12

線路や架線柱がいっぱいであまり綺麗ではないが、一目で大宮操と分かる絵図となった。ここでおよそ1時間停車するので、その時間を利用して東鷲宮へ……ではなく一駅手前の久喜へ先回りする。久喜で下車するのは、駅前のレンタサイクルを借りて移動手段を確保するためである。東鷲宮の入換は、ELがチキ車を押し込んでから軌道モータカーが引き取りに来るまでの時間がかなりタイトなので、徒歩移動では両方撮れない可能性があるのだ。

Higashiwashinomiya13

8075レの本線走行を久喜-東鷲宮間で撮影し、すぐに追いかける。

Higashiwashinomiya14

すると、東鷲宮駅の下り副本線で停車中の8075レに追いつくことができた。入換の準備中で、無線で交信しているようだ。

Higashiwashinomiya15

少し時間があったので編成最後尾にも移動してみた。

Higashiwashinomiya14a

ほどなくチキ車の先頭に操車掛が乗り込み、EL推進で上り本線をアンダークロスしていく。進路表示器が「E」と「2」を現示している。□で囲まれた方がfrom、そうでない方がtoを表しており、2番線から授受線への入換進路が構成されていることを示している。

Higashiwashinomiya16

ELによる推進入換。運転士が窓から顔を出して進行方向を確認しているのが分かる。

Higashiwashinomiya21

すぐに自転車で地下道をアンダーパスして反対側の神社に廻り込むと、重連で待機する軌道モータカーを見ることができた。2016年5月までは、東鷲宮工臨の受け取りは、大宮新幹線保線技術センター所属の軌道モータカーTMC200Cが1両で実施していたが、150mレールチキ9両編成は、東鉄工業所属のTMC400B(左)とTMC400A(右)の重連で実施するようである。ちなみにこの撮影場所の神社の名前は「八幡神社」という。つくづく「八幡」に縁があるらしい。

Higashiwashinomiya23

重連でチキ9車を引き取る。

Higashiwashinomiya22

重連同士は単純にBPのホースのみ接続されており、貨車を含め貫通ブレーキの制御は可能だが、重連機関車のみでの単独ブレーキやエンジンの総括制御はできない。このため、両方の機関車に運転士が乗務していた。

Higashiwashinomiya24

重連でゆっくりとクレーンのある方へ向かっていく。

Higashiwashinomiya25

その速度は、くろがね線の最も低速な区間とほぼ同じ、人が歩くほどの速度であった。

Higashiwashinomiya26

冒頭で紹介した新型クレーンの下に入り込んで停車したチキ車。はるばる九州からの長旅が終わった。この日は荷卸し作業は行わず、ほとんどのスタッフは車で帰ってしまった。残ったスタッフが外に出てきたので聞き込みを行ったところ、荷卸しは到着翌日、空車の発送はその翌日とのことで、実車到着から空車発送までの行程は、以前報告した岩切の仙台レールセンターとほぼ同じスケジュールであることが分かった。次の運転がいつになるのか分からないが、貴重な東鷲宮行き一番列車を記録することができたのは幸運であった。

●おまけ

Higashiwashinomiya32

 今年の鷲宮保守基地公開では、新幹線用軌道モータカーの牽引するトロッコに乗り、保守基地から連絡線を通って東北新幹線との合流部分まで行くことができた。なかなか面白いアトラクションである。車両基地公開イベントで軌道モータカーに乗れる企画はよくあるが、トロッコに乗って新幹線を見に行けるというのは何とも夢のあるハナシ。

Higashiwashinomiya33

高架線の連絡線をゆっくり走りながら、前方に東北新幹線の軌道が見えた時には感動した。しかもちゃんとE2系下りやまびこ号が通過するまで折り返すのを待ってくれるという、サービス精神旺盛ぶり。日本全国に保守基地は数あれど、ここまでユーザーフレンドリーな企画も珍しいのではないだろうか。

Higashiwashinomiya31

トロッコ牽引に使用されたのは、軌間1,435mmの新幹線用の軌道モータカーで、車体表記によると諸元は以下の通りである。

  • 記号番号 : MO-108
  • 型  式  : TMC501F
  • 製造年月 : 2005年(平成17年)2月
  • 製造所  : 新潟トランシス
  • 製造番号 : 161
  • ユニオン建設機械番号:U0501-108

水平線では荷重450tを40km/hで、10‰では250tを14km/hで、25‰では200tを5km/hで牽引可能と、かなりの力持ちだ。さすがは新幹線用。また単行での最高速度は70km/hとのことで、イカロス出版「トクターイエロー&East-i 新幹線事業用車両徹底ガイド」に収録されている富田松雄氏執筆の特集記事によると、確認車代用としても使用可能とのこと(確認車とは、深夜の保守作業が終わった後、始発の新幹線が走行する前に、本線上を70~100km/hで高速走行して安全を確認するための専用の軌道モータカーである)。新幹線用の保線用車や軌道モータカーは謎が多いだけに、スペックや用途が明らかになるのは喜ばしいことだ。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第240回■JR東日本大宮新幹線保線技術センター(東鷲宮工臨) | トップページ | ■EF200形901号機■日立製作所水戸事業所へ »

■150mレール輸送」カテゴリの記事

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

 L.富士重工/新潟トランシスの機関車」カテゴリの記事

コメント

遅いコメントとなりましたが…。いつもながら、内容の濃い記事をありがとうございます。
TMC400Aと400Bとは、一見重連総括が出来そうですが、意外と出来ない(?)のですね。面白いですね。
私の場合、最近は保線機械趣味をほとんどやっておりませんので、400Aまでは何とか付いていけるのですが、400Bや501F等々、最近の機種はサッパリ分かりません。その上、JR東日本の様に、施工会社所有の保線機械が主流になりましてからは、ちんぷんかんぷんです。
記事中の400Aは、新車っぽく見えませんので、転配車かな? 新車ならば、400Bで統一するでしょうし。しかし、趣味的には、異形式同士の方が面白く感じられます。200Cも加われば、更に楽しいのですが… 。
保線機械を展示する一般公開には、私も行きたいと思いつつ、休日も少なく、急な休日出勤も多く、休日も合わずで、なかなか行けません。もはや、社長さん達の記事に期待するのみです。
それにしましても、本線からの引き込み線を、トロッコ列車で有効活用するというのは、素晴らしい考えと実行力とですね。これぞ正真正銘のトロッコ列車かな?
501Fの確認車代用ですが、この端梁下部の検知装置(=黄色の検知バー)は、JR西日本・山陽新幹線の一般形モーターカーでも、確認車代用として装備されているものを見たことがあります。
八幡神社…。八幡さんのご加護が付いておられるのでしょう。
以上です。ではまた。

投稿: チムニイ | 2016年10月31日 (月) 22:16

チムニイさん
またのコメントありがとうございます😊

私の場合、ただでさえ軌道MCや保線には疎いのに、ましてや資料を持ち合わせていないTMC400Bなどは車体表記に書いてあることしか分かりません(^^;
仰るようにTMC200C以外は今年になってから現れたMCです。たぶん寄せ集めなのでしょうね。
休日は私も調整に苦慮しております貨物列車や専用線は平日しか動かないものも多く、平日にあちこちで専用線のスイッチャーや、臨時貨物、配給、回送、甲種輸送、特大輸送を撮影されている方々の報告を羨ましく拝見しております。

確認車代用の事例ご紹介ありがとうございます。他社でも似た例があるのですね。
貨物の人に聞きましたが、北海道新幹線開業後の青函トンネルを含む新在共用区間では、確認車の走行を行なっていないそうです。開業直後に信号トラブルで何度か列車止まっていますが、確認車による事前チェックあれば防げた事案もあるとか。
なかなか難しいですね。

投稿: 社長 | 2016年11月 2日 (水) 15:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【くろがね線を読み解く】第240回■JR東日本大宮新幹線保線技術センター(東鷲宮工臨) | トップページ | ■EF200形901号機■日立製作所水戸事業所へ »