« ■EF200形901号機■日立製作所水戸事業所へ | トップページ | ◆山陽電鉄◆東二見車両工場の保存車 »

2016年10月20日 (木)

★福岡市営地下鉄★姪浜車両基地の入換用機関車

Meinohama201101

 もう5年前になりますが、2011年10月30日に福岡市交通局姪浜車両基地にて地下鉄フェスタin姪浜が開催され、入換用機関車や保線車両などが展示されました。地下鉄フェスタは毎年七隈線の橋本車両基地にて開催されていますが、5年に1度だけ、ここ姪浜で開催されます。

Meinohama201102

姪浜車両基地と言えば、検査車両の入換にバッテリー機関車が使用されてることで知られ、一部のマニアにはホットなスポットです。2011年訪問時は、展示されている他の保線車両とは異なりバッテリー機関車の車両諸元の説明パネルが無かったので職員の方に訊いたところ、いろいろ紆余曲折のうえ、最終的にメーカー納品時のガリ版刷りの資料を拝見することができました。その成果は、鉄道ピクトリアル2012年2月号で発表済みですが、雑誌の方はほかの機関車の諸元とメッシュを揃えるために掲載せず捨てているデータがあるので、この機会に調査したデータを一通り発表しておきましょう。

Meinohama201103

■福岡市交通局 車両入換機 (バッテリー機関車)

  • 型  式  :  BL30-MR-SCR-1067
  • 自  重  :  30t
  • 車軸配置 :  B
  • 牽引力  :  定格3,000kg 最大7,500kg
  • 速  度  :  定格14km/h 最大25km/h
  • 車体番号 :  NO4402001
  • 製造年月 :  1980年1月
  • 製造者  :  日本輸送機株式会社
  • 製造番号 :  4402001
  • 全  長  :  8,000mm(連結面間)
  • 全  幅  :  2,750mm
  • 全  高  :  3,600mm(ライト含む)
  • 最少曲線半径:40m
  • 主電動機出力:62kW(全閉型)×2個 (端子電圧224V)
  • 制御方式 :  回生ブレーキ付サイリスタチョッパ制御
  • 蓄電池  :  VCI-9C 鉛蓄電池 (240V)
  • 蓄電池容量: 612Ah/5hr × 2(前後のボンネット内に各1個ずつの意)
  • 蓄電池電槽数:120個 × 2並列
  • 充電器電源:  三相交流440V60Hz
  • 充電時間 :  8時間

※独自調査による。無断引用・転載禁止。

Meinohama201104

また一際目を惹いたのがこちら。東京メトロより譲渡されたモータカーです。東京メトロでは何かの測定用に使用されていたらしいとのことでしたが、福岡市営地下鉄ではバラストトロッコの牽引など専ら機関車として使用されているそうです。

  • 全 長 : 8.3m
  • 全 幅 : 2.76m
  • 全 高 : 3.85m
  • 自 重 : 22t
  • 機関出力: 272ps
  • 型 式 : MR1551
  • 製造者 : 松山重車輛工業
  • 製造年月: 1996年(平成8年)3月
  • 製造番号: 102427

※この車両は2013年に新型軌道モータカーによってリプレイスされ、現存しません。

Meinohama201105

いっぽうこちらは、車両入換機と同じニチユ製の蓄電池駆動の電気測定機です。

  • 全 長 : 8,000mm
  • 全 幅 : 2,600mm
  • 全 高 : 4,100mm
  • 自 重 : 約13t
  • 主電動機出力:14kW ×2台
  • 走行速度: 最高35km/h(単車)、最高6km/h(作業台運転)
  • 主な検測機器:ATC受信機、ATO送受信機、列車無線送受信機、データ無線送受信機
  • 製造者 : 日本輸送機
  • 製造年月: 2005年3月
  • 製造番号: 不明(製造番号位置に刻印無し)
            ただし銘板右下端に12403 00060の陰刻あり

他にも保線車両は展示されていましたが、すべて紹介すると訪問する楽しみが減るのでこの辺で。今年も10月23日に開催される予定です。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ■EF200形901号機■日立製作所水戸事業所へ | トップページ | ◆山陽電鉄◆東二見車両工場の保存車 »

 H.ニチユのスイッチャー」カテゴリの記事

 Z.バッテリーロコ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。先日初めて姪浜車両基地の地下鉄フェスタに出かけてきました。保線用機器を含めて楽しめました。貴ブログで予習していったので、勉強になりました。ありがとうございました。

投稿: railway | 2016年10月28日 (金) 09:22

railwayさんまたのコメントありがとうございます。
イベントそのものの内容紹介の無い私の記事が参考になったとは考えにくいところでは
ございますが(苦笑)少しでもお役にたてたのなら良かったです。

私も今年は昼過ぎから1時間ほど参加しました。
5年前とは異なり晴れていて良かったですね。

BB-1は貴ブログ記事にてご指摘の通り、車両基地内入換のみならず、
地下鉄の天神-室見暫定開業時に、当時非電化の国鉄姪浜駅経由で
地下鉄車両を姪浜車両基地まで輸送する用途にも使用されていました。
当時は、BB-1以外に、車両基地内入換専用として、同じニチユ製のL型2軸ディーゼル機関車も
配置されていまいたが、既に解体されています。

また、この記事で紹介させていただいた元東京メトロの箱型機関車は、
展示してあった赤い軌道モータカーに3年前に置き換えられ廃車になったそうです。
末期は故障も多かったとか。
東京メトロで酷使されていたのか、中古品は仕方ないですね。

公開が5年に1度で、中に入れるチャンスが少ないので、次5年後にはまた別の車両が新形に置き換えられているかもしれませんね。

今後ともよろしくお願いします。

投稿: 社長 | 2016年10月31日 (月) 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■EF200形901号機■日立製作所水戸事業所へ | トップページ | ◆山陽電鉄◆東二見車両工場の保存車 »