« ◆JR四国12・14系客車◆東武鉄道譲渡甲種輸送 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第241回■150mレール輸送列車 東鷲宮行き »

2016年10月 4日 (火)

【くろがね線を読み解く】第240回■JR東日本大宮新幹線保線技術センター(東鷲宮工臨)

 JR東日本の東北新幹線の保線基地の一つである鷲宮保守基地の敷地内に、在来線経由で運んできた新幹線用のレールを取り卸すための拠点「大宮新幹線保線技術センター」がある。2015年度までは、レールは越中島貨物駅から工事臨時列車によりセンター隣接の東鷲宮駅まで輸送されていた(通称:東鷲宮工臨)。搬入されたレールは、新幹線の標準軌の線路を走行可能な保守用車に載せ替えられ、列車の運行されない夜間に鷲宮信号場(東北新幹線から鷲宮保守基地への線路が分岐する箇所)から新幹線の本線へと出て、敷設する現場へと運ばれていた。

ところが2016年度に入ると、Y製鐵所製の150mレールの納入先がJR東日本にも拡大され、レール輸送列車の着駅の一つとして東鷲宮が設定された。この動きに呼応するように、2016年5月10日の発送を最後に東鷲宮工臨の運転はピタリと止まっている。しかし、2016年9月現在、150mレール輸送列車の東鷲宮行きはまだ一度も運転されていない。そこで今回は、運転前に東鷲宮の入換作業に関する予備知識をまとめるため、2015年度に運行された東鷲宮工臨と到着後の入換を紹介する。

Higashiwashi01
■越中島貨物発東鷲宮行きレール工臨。この日はEF81 95がロンチキ5両を牽引した。   2016年1月某日、久喜

東鷲宮工臨は、主に新幹線用の75m長尺レールを、ロングレール輸送用チキ5500形5両編成に積載して輸送するのが特徴である(もちろんチキ6000形などによる定尺レール輸送の時もある)。レールは、大宮新幹線保線技術センター内にある門型クレーンで取り卸すため、敷設現場で取り卸す際に必要となる編成両端のエプロン車は不要で、かつレールの長さを考慮し中間車数両をも切り離した独特の編成となる。JR西日本やJR九州のように、長尺レール輸送専用のチキ編成を保有しないJR東日本ならではの組成といえる。

Higashiwashi02

東鷲宮工臨は、駅の南側に設けられた副本線に到着する。その後、ELが入換扱いでチキ車を推進しながら上り本線をアンダークロスして、鷲宮保守基地の授受線まで押し込んでいく。

Higashiwashi03

こちらが、授受線に押し込まれたチキ車5両編成。この場所から先は鷲宮保守基地の管理下となり、鷲宮保守基地に常駐している軌道モータカーがクレーン直下まで入換を行う。

Higashiwashi04tmc200c

鷲宮保守基地で在来線のチキ車の入換を担当するのは、大宮新幹線保線技術センター所属の軌道モータカーで、富士重工製のTMC200Cであった。余所のレールセンターや保線基地を見る限り、150mレールを積んだチキ車9両編成をTMC200Cが単独1両で牽引することはできないため、150mレール受け入れにあたり新型へのリプレイスが想定される。

Higashiwashi05tmc200c

バラストホッパーの下を潜り抜けて門型クレーンのある場所へ向かう。この線路は新幹線側のレール輸送用保線車両も走行できるよう、軌間1,067mmと1,435mmの3線区間となっている。

Higashiwashi06

この日の工臨の特大貨物検査票には次のように記載されていた。

  • 輸送番号 大宮=6
  • 最大長   60K × 75M × 14本
  • 貨物下面
    と軌条面  東鷲宮
    との間隔  チキ5車
  • 検査    28年1月25日 千葉機関区

大宮新幹線保線技術センターでのレール取り卸し作業は、東鷲宮工臨到着後当日中にすぐに実施され、レールの量にもよるがこの日は75mレール14本の取り卸しが16時前にはすべて完了した。取り卸しに使用される門型クレーンは、2016年1月時点で旧型3基、新型3基の合計6基あった。各クレーン毎に有線のリモコンがぶら下がり、地上にいるスタッフが操作をしていた。当時はクレーン同士の同期制御は不可のようで、リモコンを持ったスタッフ同士が掛け声で合図しながら作業を行っていた。こちらも軌道モータカー同様、150mレールの円滑な取り卸しを実現するため、すべて新しいクレーンにリプレイスされると想定される。

150mレールの受入開始したら、ぜひまた訪れてみようと思う。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ◆JR四国12・14系客車◆東武鉄道譲渡甲種輸送 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第241回■150mレール輸送列車 東鷲宮行き »

■150mレール輸送」カテゴリの記事

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
既に御存じかとは思われますが、「ドクターイエロー&East-i・新幹線事業用車両徹底ガイド」(イカロス出版・平成28年10月20日付け出版)に、丁度、鷲宮保守基地が紹介されており、このTMC200Cも、簡単ながら紹介されておりました(51ページ)。
車体には、「6078 大宮幹保技セ」との表記があり、昭和51年製とのことです。
この他、同じくサブロク線には、ユニオン建設のTMC400A(新潟トランシス製)が1台おり、こちらも簡単に紹介されておりました。
以上です。ではまた。

投稿: チムニイ | 2016年10月 7日 (金) 20:50

チムニイさんおはようございます
情報ありがとうございます
実は先週の日曜日、駅で列車待ちをしている間に、本屋で偶然件の本を見つけ、パラパラ立ち読みして良さそうだったので購入したところでした(^^;;
鷲宮保守基地内にある大宮新幹線保線技術センターの1,067mm用の軌道モータカーは、TMC400AとTMC400Bが追加されています。150mレール輸送貨車9両編成をTMC200C一両では牽引できないため、TMC400Aと400Bが重連で牽引しました。詳細は、次のくろがね線を読み解くで紹介します。

投稿: 社長 | 2016年10月10日 (月) 10:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆JR四国12・14系客車◆東武鉄道譲渡甲種輸送 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第241回■150mレール輸送列車 東鷲宮行き »