« 【くろがね線を読み解く】第242回 ■E8502牽引の常態化 | トップページ | ■東邦亜鉛号■小名浜定修明けの安中行貨物列車 »

2017年3月13日 (月)

【くろがね線を読み解く】第243回 ■レール臨貨8159列車

Ed761019_150m8159
■8159レとして単機で黒崎到着後、西八幡から150mレール積載チキ車を牽引してきたED76 1019 2017年3月4日

 2015年3月のダイヤ改正で登場した、レール輸送臨時貨物列車8159列車。北九州貨物ターミナルから黒崎まで、150mレール輸送に使用された空車の貨車を返却する列車である。黒崎からは、コンテナ貨物列車150列車を牽引して北九州タへ戻る。

いっぽう、この列車は上写真の通り、レール発送前入換にも使用されている。北九州貨物ターミナルから黒崎にやってきた機関車(貨車を伴う場合は8159列車、単機の場合は151列車として回送)は、黒崎から西八幡へ向かい、150mレールを積んだチキ車を牽引して黒崎へと戻ってくる。150mレールが発送されるのはこの入換の翌日なので、黒崎でチキ車を切り離すと、所定通りコンテナ貨物列車150列車を牽引して北九州タへ戻っていく。

150mレールを積んだ貨車の西八幡から黒崎への出場入換は、チキ車が9両編成の場合、発送日の朝の171列車→170列車の間に実施される(牽引機はEH500形所定)。しかしチキ車が18両編成の場合は、発送前日夕方の8159列車→150列車の間にまず9両引き出され、発送当日朝の171列車→170列車の間で残りの9両が引き出される。したがって、上写真の入換は、チキ車が18両以上の編成で発送される日の前日にしか見ることはできない。

Ef81304_150m8159
■8159レ黒崎到着後入換で西八幡へ150mレール返空チキ車を牽引してきたEF81 304 2015年8月28日

 8159列車は、EF81形やED76形が充当されることもあるため、注目の列車である。

※2016年3月改正ダイヤまでは、EH500形所定でEF81形やED76形による代走も時折見られたが、2017年3月改正ダイヤでED76形所定に変更されているので、要注意。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第242回 ■E8502牽引の常態化 | トップページ | ■東邦亜鉛号■小名浜定修明けの安中行貨物列車 »

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【くろがね線を読み解く】第242回 ■E8502牽引の常態化 | トップページ | ■東邦亜鉛号■小名浜定修明けの安中行貨物列車 »