« ★鉄道博物館DD13形1号機★展示線への移送入換 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第243回 ■レール臨貨8159列車 »

2017年3月10日 (金)

【くろがね線を読み解く】第242回 ■E8502牽引の常態化

201703_e8502_d705
■戸畑第一操車場を発車するくろがね線の列車。
 牽引機は85ED-1形電気機関車E8502、
 後方の緩急車は70DD-3形ディーゼル機関車D705. 
2017年3月、北九州市。

 2017年3月上旬、およそ半年ぶりに戸畑・八幡を訪れた。くろがね線の貨車牽引に使用される電気機関車は、もう長いことE8502に固定されている。以前の記事で紹介したE8501は、折角塗色変更されたにもかかわらず、ここ数か月間ほとんど使用されていないようだ。今後、E8502が全般検査に入る際は、ディーゼル機関車によるプッシュ・プル運転が見られると思われるが、E8501の去就にも注目である。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★鉄道博物館DD13形1号機★展示線への移送入換 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第243回 ■レール臨貨8159列車 »

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★鉄道博物館DD13形1号機★展示線への移送入換 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第243回 ■レール臨貨8159列車 »