« ★薩摩金山蔵トロッコ★トモエ電機工業製バッテリー機関車で代走中 | トップページ | ★ひたちなか海浜鉄道★細々と活躍を続けるキハ205 »

2017年5月28日 (日)

★大宮総合車両センターのスイッチャー2017★展示と入換

 2017年5月27日土曜日、朝の用事を済ませて午後から大宮総合車両センターを訪問しました。今年は、JR発足30周年の記念すべき年、例年の車両工場公開イベントも「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」と名前を変え、駅コンコースや駅周辺でも様々な付帯イベントが開催されたようです。

20170527_001

いつも西口から会場までの行列が酷いので、空いている東口から大栄橋経由でスイッチャーの様子を確認し、信号待ちで列が切れるのを利用して途中から合流する手法をとっていたのですが、今年は東口でもアイドルのイベントなどが企画されており混雑にハマりそうでしたので、素直に西口から向かいました。

スイッチャーは、このOM-1が目下稼働中です。土日を挟んでこの位置にいるのは、翌操業日の朝イチで出場入換(組成)があるときですね。この日の入換機がコイツになるかどうかは、この配置だけでは判断できません。

20170527_002

増設されたクレーンを観察。黄色い滑車に付いたハンドルを回すと、クレーンの高さを変えられるようになっているようです。解放テコのように見えるのは、解放テコではありません。よく間違える人がいますが。これは、双頭連結器の自動連結器と密着連結器を切り替える際に、いずれか一方に固定するためのピンを抜くためのテコです。

20170527_003

会場に到着。いつもより落ち着いた雰囲気のバルーンアーチですね。

20170527_004

車両撮影会場は、近年展示車両のマンネリ化が進み、毎年ファンを落胆させてくれますが、その一方でJR貨物大宮車両所の展示内容の充実が目を惹きます。

20170527_005

JR貨物大宮車両所は、この配置図のように大宮総合車両センターの中にあります。

20170527_011

今回の撮影会場の車両はすべて現役の車両ばかりでしたので、適当に撮ってさっさと移動。

20170527_012

鉄道博物館竣工後は、博物館の静態保存車両を1~2両引き出して展示するのが楽しみでもありましたが、最近はあまり見ないですね。2012年訪問時はそれなりに楽しい展示でした。(→こちら

20170527_021

本命のJR貨物大宮車両所。色々並んでいます。

20170527_022

まずは、門司機関区所属のEH500-67.2車体連結の連結面側は普段なかなか見る機会がありません。意外とスッキリしていますね。

20170527_023

ジャンパ連結器は、どちらか一方の車体にまとめられているわけではなく、2車体両方に半分ずつ、点対称に取り付けられているのが面白いなと思いました。

20170527_024

連結器は、電車に採用されているような棒連結器でした。(密着連結器ではありません)

20170527_025

門司機関区の札とJR貨物発足30周年記念プレート。

20170527_026

次は、HD300-14です。主変換装置が取り外された姿です。台枠上に残っているのは、蓄電池(グレーの箱)とキャブと反対側のボンネット(エンジン)のみです。

20170527_027

HD300の向きに関する話をするときに、「エンジンのある側」というキーワードを使う鉄道マニアが居て、よく混乱するのですが、HD300のエンジンはボンネットの「短い側」にありますので、誤解なきようお願いします。長い方に入っているのは、主変換装置と蓄電池だけです。ちゃんと煙突の位置を見ればわかるのですが(笑)

20170527_028

ボンネットの一部はすぐ近くに台車に乗せて置いてありました。これは蓄電池の上に被さる部位ですね。

20170527_029

更に奥には、キャノン ビッグエコライナー31の運行開始記念ヘッドマークを取り付けたEH500-13がいました。反対側は運転台体験コーナーになっていて、

20170527_030

三井海上たすきリレー号のヘッドマーク。どちらも初めて見ました。

20170527_031

展示スペースの最奥は屋外に出て、最終全般検査を通ったDE10形1557号機の記念ヘッドマーク付を見ることができました。ヘッドマークには、

20170527_032

国鉄型ディーゼル車の最終全検とあります。もともと首都圏の国鉄型気動車は郡山総合車両センターで全検試行していましたので、大宮車両所担当で残っていたのは国鉄型ディーゼル機関車だけです。それの最後ということですね。

20170527_033

開場後13時頃までは、こちらのヘッドマークだったようです。現在川重で製作中と囁かれる、後継の新型電気式ディーゼル機関車の話題でもちきりのこのタイミングで、DE10形式の最終全検が発表されたのは、とても感慨深いです。

20170527_034

奥には立入はできませんがこんな車両も。トキ25000らしき無蓋車と、ED62の亡霊。トキの方は、貨車というより、工場内で資材を移動するためのトロッコのような使い方をされているのでしょうか。用途はよく分かりません。ただし、JR四国多度津工場の場内に留置されているトキ25000とは異なり、ブレーキホースは健在です。

20170527_035

建屋内に戻ると、今回全検出場するEF65形2057号機がピカピカの車体を披露していました。ちょうど車体吊り上げ実演の題材となっており、

20170527_036

吊り上げて台車の上に乗せる一部始終を見学することができました。右にいる緑色のキャラは…

20170527_037

JR貨物のゆるきゃら?エコレールマークちゃんです。JR貨物大宮車両所の展示エリアには子供はあまりいないので、来場者の反応もいまひとつでした。子供がたくさんいる広島車両所のイベントにも来てください(もういるのかな??)。

20170527_041

入換時刻が近づいてきたので、出口に戻ろうとすると、以前俯瞰した場所から新米が見えました。ガスタービン動車のキハ391です。実用化はされませんでしたが、アメリカやフランスにあるので、オイルショックという当時の社会情勢を抜いたうえで、日本で成功しなかった正確な理由が知りたいところですね。ちなみにガスタービンエンジンは米軍の戦車(M1A2など)にも採用されていますので、地上を走行する車両の動力源として廃れたわけではありません。

●イベント後の入換は肩透かし

20170527_051

今回は展示車両が自力走行可能なものばかりでしたので、入換もあまり期待できません。案の定、やってきたのはOM-2が牽引するEV-E301系のみでした。

20170527_052

仕事を終えたスイッチャーは、未使用時の定位置(グリーンカーテン前)に留置され運転士も降りてしまいましたので、もうこの日は動きません。

20170527_053

最後に、高崎に自力回送するEF65 501とDD51 842の重連入換を撮影。大宮総車セの指示により、大栄橋→大宮駅間の短い距離ではありましたが、ちゃんと先頭のDD51がエンジンを吹かして牽引してきました。大宮→高崎(操)間の本線走行はEF65牽引となりますので、EF65が推進で入れ換えると予想していた方も多かったみたいですが、予想を外してくるところはさすがです。

20170527_054

発車前入換準備完了。この後本線走行は日没後となりそうでしたので、夜の予定もあり、ここで撤収しました。実際には18:24に大宮駅を発車していったそうです。来年こそは、てっぱくの静態保存車両展示&スイッチャーによる静態保存車両入換を期待したいものです。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★薩摩金山蔵トロッコ★トモエ電機工業製バッテリー機関車で代走中 | トップページ | ★ひたちなか海浜鉄道★細々と活躍を続けるキハ205 »

▼JRの珍車・名車」カテゴリの記事

 P.日本除雪機の機関車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★薩摩金山蔵トロッコ★トモエ電機工業製バッテリー機関車で代走中 | トップページ | ★ひたちなか海浜鉄道★細々と活躍を続けるキハ205 »