« ★製紙メーカーN社専用側線★富士駅からの発送終了 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第244回■N社の新型機関車 »

2017年5月14日 (日)

◆大阪市交通局◆東吹田検車場のレトロ作業車

 2017年5月12~14日にかけて関西を訪れました。14日の正雀工場公開(阪急春のレールウェイフェスティバル)に寄った帰りしな、東吹田検車場を訪れてみると、面白いものを見られました。

Nissan68020110430_6491
■東吹田検車場全景   2011年4月30日撮影

東吹田検車場は、阪急電鉄京都線の相川-正雀間にあり、大阪市交通局堺筋線用車両の全般検査・重要部検査・改造工事等を担当している車両工場です。工場の北側には上写真のような電留線があり、その端にはなにやら白いカバーに覆われた謎の車両が置いてありました。一体なんだろう、でもオンレールだから線路を走る何かには違いないと思っていましたら、今回やっとその正体が明らかになりました。

Nissan6802017051401
■姿をあらわにした架線作業車   2017年5月14日撮影

正体は、架線作業用のトラックを改造した軌陸車作業車でした。乗っている線路のすぐ向こうに車止めがありますので、もはや使用していないと思われます。

Nissan6802017051402
■レトロな架線作業車と堺筋線用66系   2017年5月14日撮影

前頭部には「Nissan」の文字があり、日産自動車製であることが分かります。「680」という数字の記載されたプレートが掲出されていますが、型式か何かでしょうか。

Nissan6802017051403
■側面には「E-20 大阪市交通局」の表記がある  2017年5月14日撮影

側面から見るといかにもレトロな雰囲気。この作業車の用途ですが、たとえばこのようなケースで活躍していたのではないかと思われます。リンク先は、鹿児島市交通局の路面電車架線メンテナンスシーンです。大阪市交通局はかつて路面電車を運行していましたので、路面電車時代に使用していた架線作業車を地下鉄用に転用したのではないでしょうか。どうでしょう??

●2017年5月17日追記

 IRORIOというニュースサイトに、大阪市交通局へ取材した結果が掲載されていましたのでご紹介します。(→記事はこちら) 

正体はやはり路面電車時代に使用されていた架線作業車を東吹田検車場内用に改造したものとのこと。1962年に購入したもので、路面電車全廃後に堺筋線開業に合わせ、1969年にゴムタイヤから鉄車輪に改造したとのことです。したがって、軌陸車ではなく鉄路専用ということになります。シートを外したのは、処分業者を公募するにあたり入札対象として公開するためで、既に業者は内定しているそうです。良いタイミングで珍しいものが見られて良かったです。

●2017年8月19日追記

 産経WESTに続報が掲載されました。5月30日に落札業者が決まり6月末までに引き取られる予定だったが、予定価格に達さず入札不調になったとのこと。再入札までの間は、もうしばらく留置されている姿を見ることができるようですね。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★製紙メーカーN社専用側線★富士駅からの発送終了 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第244回■N社の新型機関車 »

▼私鉄の希少車輌 5.近畿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★製紙メーカーN社専用側線★富士駅からの発送終了 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第244回■N社の新型機関車 »