« 【くろがね線を読み解く】第244回■N社の新型機関車 | トップページ | 岡部~本庄を彩る夕方の貨物列車と臨時列車 »

2017年5月17日 (水)

【くろがね線を読み解く】第245回 ■静岡貨物行50mレール輸送列車9870レ

 2017年5月14日日曜日、黒崎駅を発車した170列車はチキ車21両編成で、その内訳は、御着行150mレール28本積載9両+静岡貨物行50mレール28本積載3両+西浜松行150mレール28本積載9両であった。鉄道ピクトリアル2016年6月号の拙稿にて言及したとおり、静岡貨物行の列車は、西浜松で牽引機がDE10形ディーゼル機関車に交換され、8090列車と同じ時刻に9870列車として運行される。

De101165_chiki5500x3_20170515
■広島更新色のDE10 1165が牽引する9870レ  2017年5月15日、西浜松-静岡貨物

これは、静岡貨物駅構内で50mレールを荷卸しする静岡保線区が東海道新幹線の北側にあり、南側にある静岡貨物から保線区へ向かう際に非電化の地下連絡線を経由しなければならないためである。静岡貨物は以前紹介したようにE&S荷役対応駅で入換用ディーゼル機関車の配置はない。このため、非電化区間で入換を行うには、西浜松で牽引機を愛知機関区所属のDE10形に交換し、本線牽引させて静岡貨物到着後に入換もやらせるしかないのである(軌道モータカーはATSを装備していないから静岡貨物構内までチキ車を受け取りに来ることはできないし、そもそも地下連絡線の勾配での牽引力不足の問題もある)。

Shizuokachiki5500x3_hyo
■2017年5月14日に黒崎を発った170レの静岡貨物行車票。

西浜松→静岡貨物間で運行される9870列車は、まだ50mレール輸送列車しか運行されていなかった2014年以前から存在する(→こちらの記事を参照)が、年に数本しか運行されない珍しい列車である。2015年度は4回(黒崎発2015/6/14、2015/8/2、2015/10/4、2016/3/6)、2016年度は3回(黒崎発2016/4/10、2016/6/26、2016/10/23)しか運行実績が無い。

【参考】

  • 「続 産業用機関車を追い求めて 2」、鉄道ピクトリアル2016年6月号、電気車研究会。
  • 「続 産業用機関車を追い求めて 3」、鉄道ピクトリアル2017年6月号、電気車研究会。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第244回■N社の新型機関車 | トップページ | 岡部~本庄を彩る夕方の貨物列車と臨時列車 »

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【くろがね線を読み解く】第244回■N社の新型機関車 | トップページ | 岡部~本庄を彩る夕方の貨物列車と臨時列車 »