« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月29日 (木)

【くろがね線を読み解く】第248回 ■小倉地区D301新塗装

 2020年に予定されている、Y製鉄所小倉地区の高炉・転炉休止に向け、機関車にも色々と変化が訪れているようである。 2017年に入り、従来のクリーム色と紫のツートンカラー(住友金属物流標準塗装)から、Y製鉄所標準塗装に変更された機関車が登場した。

Kokurad30101

釣り人と共に眺めていると、以前紹介した日立製作所製のディーゼル機関車D301がビレット積載長物車2両を牽引・推進して入換している様子を見ることができた。

Kokurad30102

オレンジ・クリーム色・青・黄色の4色は、弊ブログでたびたび登場しているY製鉄所戸畑地区・八幡地区で活躍する機関車の標準塗装である。両地区を結ぶくろがね線の電気機関車も、同じ塗装である。

Kokurad30103

以前の写真と比較すると、塗装変更だけでなく台枠への手摺の増設も行われており、戸畑・八幡両地区の仕様に極力合わせている様子が見て取れる。できれば、オレンジとクリーム色の境界をもう少し下にして、ボンネット上部のラインと合わせてもらえると、よりらしくなるのだが……。センスの問題かもしれない。

Kokurad301d108

夕方に別の場所から眺めてみると、仕事を終えたD301新塗装のほか、日立製作所製2軸ロッド駆動機のD108も新塗装になっているのが確認できた。今後の活躍が楽しみである。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2017年6月25日 (日)

【くろがね線を読み解く】第247回 ■第一操車場の貨車前後連結入換

 2017年のゴールデンウィーク中に戸畑第一操車場を訪れると、久々に面白い入換シーンを見ることができた。

D622wff

奥の工場からやってきた機関車が、くろがね線から到着した貨車を前後に連結し、言わば機関車が中間に挟まれた編成のまま奥へと去っていった。このような入換自体は平日を中心によく行われていて、過去に何度か見たことがある。土日はこういった入換はまずなく、進行方向に関わらず機関車が編成の先頭または最後尾に連結されるパターンがほとんどである。

このような入換方法は、むかしは専用線でも時々見られたが、最近では少なくなっている。

F35tbbf2013

日豊本線南延岡駅に連絡する化学メーカーA社専用側線では、入換手順の都合により、スイッチャーの前後に貨車を配した編成が見られる場合がある。

F35tbbf201304

この入換が行われるのに平日か土日かはあまり関係なく、もちろん時刻も決まっているわけではない。あくまでも荷役の進捗に合わせて最適な手順が選択された結果であり、事情は製鉄所の入換と変わらない。(いずれも2013年4月6日撮影) もちろん、この状態で駅に出てくることはなく、専用側線内でのみ見られるシーンである。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (2)

2017年6月24日 (土)

■35系客車■幡生構内試運転

Hatabu35kei01

月曜日に新下関に行ったついでに幡生駅で35系客車の構内試運転を撮ってきました。2017年に新潟トランシスで製作された、やまぐち号用の新型客車です。


Hatabu35kei02

副本線を行ったり来たり繰り返していました。午後は予定があったので早々に撤収。本線走行が楽しみですね。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2017年6月20日 (火)

【くろがね線を読み解く】第246回 ■N社入換代替機D430

Tobatad430

 以前訪問した際、若竹号ことD443の車体に表記された次回全般検査が2019年5月になっていたので、重要部検査は2017年5月だろうと気になっていたのだが、今回訪問してみると、D443検査中の予備機としてD430という機関車が貸し出されていた。製造番号は読み取れなかったが、ナンバープレートのD430の文字の下には、「形式 45DD-12」の記載があった。(正確には、12の「1」の陽刻が削られて?「45DD- 2」になっていたが)

謎なのは、45DD-12形はD436~D447の12両しか導入されていない筈で、D430を名乗る機関車は本来45DD-10形の筈である。しかし上記のD430は、45DD-10形よりも全長が長く45DD-12形そのものであるように見える。ルーツの気になる機関車である。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2017年6月14日 (水)

車輌メーカーH社の機関車を訪ねて2017

 毎年6月第一土曜日に開催されることの多い、重電メーカーH社M事業所の祭りが今年も予定通り開催されました。H社M事業所は、昨年秋にEF200形901号機を吹田機関区から搬入しており、今年の公開に合わせて外観を整備するのではないかと期待していましたので、早朝5時起きして一路北へと向かいました。

 JR常磐線勝田駅に8時頃到着し、廃線跡に沿って20分歩いて受付に到着、撮影許可証を貰って早速保存機関車の置いてある方へ移動してみます。

Hitachimito0120170603

こちらが一昨年搬入・保存されたED78 1.今回は、説明パネルが建立され、快速かもしかのヘッドマークを付けていました。

Hitachimito0220170603


Mito0320170603

昨年と異なるのは、保存車が増え敷地が拡張した影響で2エンド側の規制線が無くなり、撮り易くなったことですね。

Mito0420170603

そしてこちらが2017年のまつりの主役。JR貨物EF200形電気機関車の試作車901号機です。全盛期を髣髴させる旧塗装への復元はもとより、スーパーライナーのヘッドマーク付という粋な計らい。保存に関わったすべての方に感謝したいです。

Mito0520170603

登場直後のように美しい姿を披露していました。

Mito0620170603

反対側はヘッドマークなしの姿。一旦入口に戻って林の方から撮りました。

Mito0720170603

JR貨物更新色には無い、INVERTER HI-TECH LOCOのロゴ。かっこいいですね。

Mito0820170603

中間台車の推進力を車体に伝えるための梁は、量産車との違いが一番出ている部分です。901号機は上の通り直線状ですが、量産車は途中で折れ曲がった形になっています。

Mito0920170603

 さて、このEF200形901号機、銘板を見ると1990年(平成2年)製造は分かるのですが、日立製作所が製作した国鉄・JR向け機関車の例に漏れず製造番号の記載がありません。ネコパブから発表されている「機関車表 フルコンプリート版」にも、EF200形に関しては製造番号の記載がありませんので、気になるところです。

Mito1020170603Mito1120170603

こちらの2つの銘板は、EF200-901の先頭台車FD3形台車のもので、左が1E側、右が2E側です。見てみると、製造番号は1EがA10851-1、2EがA10851-3になっています。枝番の1と3で間の抜けているA10851-2は…

Mito1220170603

中間台車のFD4形台車が持っています。型式の異なる台車なのに、末尾の枝番だけが異なる同一の番号を名乗っている??

ここで参考までに、EF200形と同じように日立製作所で製作されJRに納入された電気機関車の製造番号を並べてみましょう。

  • EF81 501、502、503  1989年3月製造 製造番号10840
  • EF200-901        1990年4月製造 製造番号?????
  • EF81 451、452      1991年3月製造 製造番号10870
  • EF81 453          1991年7月製造 製造番号10930
  • EF81 454、455      1992年8月製造 製造番号10930

※日立の製造番号は、製作指示番号方式に変わって以降、同一ロットには同じ製造番号が付与されます。

1の位は0なので、EF200-901の製造番号は、10850ではないかと推測しています。日立製作所製の電気機関車に詳しい方のご意見を伺いたいところですね。

●保存用線路は軌道強化?!

Mito1320170603

保存車両が乗っている線路は、従来敷かれていた線路とも繋がってはいるのですが、途中でレールの大きさが変わっていて面白いなと思いました。左の大きい方のレールに保存車両が乗っています。

なおこの日は他にED15 1電気機関車と構内入換用機関車(無番)も見物しましたが、昨年見た際とほとんど変化はありませんでしたので、写真は省略します。10時半には会場を後にし、タムタキさんと西金工臨を追いかけました(→こちら)。

◆2016年訪問時の記事はこちら

◆2016年のEF200-901甲種輸送の記事はこちら

----------------------------------

●プレイバック編

 構内には、かつてED500形電気機関車が保管されていて(2016年5月までに解体済み)、まつりの時には近づくこともできました。この機会に、過去に撮影した未公開写真をご紹介します。

Mito21201306

以前紹介した写真の逆アングルから。日光のあたっていない北側の車体側面は、南側より綺麗でした。その北側には試作電車HX-1が留置されていて、

Mito20201306

その線路の東側はこんな感じの電化された3線軌条の試運転線?になっていました。奥の右手に見えるリニア地下鉄試作車LM-1の左あたりに、2017年現在ではED78 1とEF200-901が保存されています。

Mito22201306

ED500-901の東側には無蓋車から改造されたと思しき二軸貨車の姿もありました。ED500と連結器を接していましたが、連結はされていませんでした。

Mito23201306

トラ70000形からの改造でしょうか。でも数字の書体が国鉄のものとは異なる気もします。種車が気になるところです。

Mito24201306

2本南側の線路には、また別の二軸貨車が留置されていました。積荷はよく分からないので黒塗りとさせていただきました。この車両にはブレーキホースが繋がれていません。

地面が舗装されていることから察するに、この車両の移動にはスイッチャーやアント(車両移動機)などは使用されておらず、フォークリフトなどタイヤで走行する車両が使われているものと思われます。(レール上を走行する必要が無いため)

Mito25201306

ED500の手前の線路には、よくわからない台車が並んでいましたが、それよりも気になるのは線路が四線軌条になっている点でしょうか。台車の車輪は、左から2本目と4本目のレールに乗っていました。

Mito26201306

振り返ってその反対側を見てみると、4本のレールは建屋の中に…。むかしの航空写真を見ると、この場所は電気機関車を製作する工場の一部であったようですね。おそらく、工場跡地を別用途に転用する際に、機材を建屋から出し入れするために線路の一部を残したのだろうと思われます。この建屋も、鉄道車両が出入りするにしては高さが低すぎますので。

Mito27201306

こちらは会場を出るべく門へ向かう途中に置いてあった3軸貨車。軸ばねは重ね板バネで二段リンク式、見た限り3軸はそれぞれが独立して動くようです。この車両を小移動する際は、奥にいるフォークリフトが使用されるのでしょう。しかし建屋の外は舗装されていないので、屋外の入換には以前紹介したトモエ電機工業製のバッテリー機関車が使用されていると思われます。

Mito28201306

こちらも門に向って歩いている途中で出会った車両? 釣合梁式(イコライザー)台車のようにも見えるので旅客車由来の台車かと思ったりしましたが、それにしては台車枠が貧弱すぎるので、違うかもしれません。

2017年6月公開時点で、本記事プレイバック編で紹介した車両はすべて、周辺が立入禁止になっているか、もしくは解体済み、あるいは移動などで姿を見ることができなくなっています。深追いはやめましょう。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2017年6月10日 (土)

◆西金工臨◆日製水戸さつきまつりの後半戦

 先週の話になりますが、日立製作所水戸事業所のcherryblossomまつりの帰りに、ブログ読者のタムタキさんのプランに便乗し、西金工臨を撮影してきました。せっかく水戸まで行って機関車2両だけ撮って帰るのはもったいない貧乏性なもので…(ED15 1と某無番機も入れれば4両だが)。

De101697hoki801

西金工臨は、あくまでも趣味者の都合でそう呼ばれている列車ですが、JR東日本水郡線西金駅のバラスト置き場で積んだ砕石を、常磐線・新金線経由で主に千葉支社に向けて発送する、砕石輸送列車です。JRが自社の線路を保守するための資材を運ぶ列車ですから、運賃収入を得るための営業列車ではなく、事業用列車となります。このため貨物列車に区分しない方も多いです。

西金工臨の特徴は、①新小岩→水戸、②水戸→西金、③西金→水戸、④水戸→新小岩の4列車が、必ず①から④まで順番に連続4日間かけて運行されるということです。間に土日祝日が入っても日をずらすことが無いため、運行日の先読みがしやすいです。④の新小岩から先は、翌日だったり翌々日だったり一定しませんが。

De101697hoki802

この日は、常陸大子からDE10形1697号機が単機で13:24に到着し、砕石を積んだホキ800形8両を14:25頃に側線から引き出して本線に据え付けました。入換内容は毎回異なるとのことで、時刻も当駅を発車する14:54までの間ということ以外は、特に決まっていないようです。

De101697hoki803
■DE10 1697がホキ800形8両を牽引   工1890レ

久慈川沿いを走る工1890列車。この辺はまだ低速ですね。

De101697hoki804

段々と速度を増し、SL撮影地で有名という某場所を通過。この後後台にも行きましたが、さすがに追いつくことはできませんでした。でも後台では過去に撮っているので、問題ありません。タムタキさん、ありがとうございました。

Ef8195hoki80001
■EF81 95がホキ800形8両を牽引   工6382レ

翌日曜日は、前述の西金工臨の法則により、水戸→新小岩の工6382列車の運転日となります。この列車は追いかけても絶対追い越せないので、撮影後は最寄りのイオンでゆっくり昼食を。

その後は、最近キハ2000形が塗装変更で入場しているために日中常時走っているという、関東鉄道竜ヶ崎線のキハ532を撮るべく、南下しました。この車両も予備扱いですから撮れるうちに撮っておかないといけませんね。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2017年6月 8日 (木)

◆ひたちなか海浜鉄道◆細々と活躍を続けるキハ205

01kiha205
■ひたちなか海浜鉄道キハ205  2017年1月22日、中根-金上

 先日水戸の日立製作所に行った帰り……ではありませんが、ひたちなか海浜鉄道でキハ205の運転を見てきました。

私鉄の気動車は、私にとっては旅客車の中で最も疎い分野かもしれません。ほとんどが1エンジン1軸駆動で、足回りにあまり個性が無いからかもしれませんが、「国鉄の気動車と何が違うの??」とツッコミたくなってしまいます。まぁ詳しくないからそう思うのですが。。(笑)

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (2)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »