« 【くろがね線を読み解く】第247回 ■第一操車場の貨車前後連結入換 | トップページ | ■仙台臨海鉄道レール輸送■工臨返空継送669列車 »

2017年6月29日 (木)

【くろがね線を読み解く】第248回 ■小倉地区D301新塗装

 2020年に予定されている、Y製鉄所小倉地区の高炉・転炉休止に向け、機関車にも色々と変化が訪れているようである。 2017年に入り、従来のクリーム色と紫のツートンカラー(住友金属物流標準塗装)から、Y製鉄所標準塗装に変更された機関車が登場した。

Kokurad30101

釣り人と共に眺めていると、以前紹介した日立製作所製のディーゼル機関車D301がビレット積載長物車2両を牽引・推進して入換している様子を見ることができた。

Kokurad30102

オレンジ・クリーム色・青・黄色の4色は、弊ブログでたびたび登場しているY製鉄所戸畑地区・八幡地区で活躍する機関車の標準塗装である。両地区を結ぶくろがね線の電気機関車も、同じ塗装である。

Kokurad30103

以前の写真と比較すると、塗装変更だけでなく台枠への手摺の増設も行われており、戸畑・八幡両地区の仕様に極力合わせている様子が見て取れる。できれば、オレンジとクリーム色の境界をもう少し下にして、ボンネット上部のラインと合わせてもらえると、よりらしくなるのだが……。センスの問題かもしれない。

Kokurad301d108

夕方に別の場所から眺めてみると、仕事を終えたD301新塗装のほか、日立製作所製2軸ロッド駆動機のD108も新塗装になっているのが確認できた。今後の活躍が楽しみである。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第247回 ■第一操車場の貨車前後連結入換 | トップページ | ■仙台臨海鉄道レール輸送■工臨返空継送669列車 »

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

 B.日立のスイッチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【くろがね線を読み解く】第247回 ■第一操車場の貨車前後連結入換 | トップページ | ■仙台臨海鉄道レール輸送■工臨返空継送669列車 »