« ◆鹿児島市電◆散水電車+芝刈電車を観察する | トップページ | ★JR東日本テクノロジー★青森改造センターを俯瞰 »

2017年8月17日 (木)

【O工場の石灰石輸送】テコ車の台車振替

 今年に入ってから、2012年以来およそ5年ぶりに、D社専用鉄道を訪れた。きっかけは、貨車に関して気になる情報があったからにほかならない。

20170801teko401

その気になる情報とは、車体に白帯の入った車両が登場したことである。この会社は、2015年10月に社名が漢字六文字からカタカナ三文字に変わったため、車体側面の社名表記が消されているのはまだ理解できるものの、いったい何の目的で白帯を入れたのか気になるところである。

Wheelteko401n

上が2017年現在テコ401が装備する台車で、他のテコ300形も同じ台車を履いている。過去の写真を確認したところ、前回2012年10月27日に訪問した時点で、台車はこの新しいタイプになっていた。しかし以前の台車はというと…

Wheelteko401o

こちらが2010年現在のテコ401の台車。二つを比較してみると、枕バネが重ね板バネからダンパー付のコイルばねに変わり、軸受も平軸受からコロ軸受に変わっているのが分かる。台車枠の形状も、上部がカーブしていた従前のものとは異なり扁平になっていることから、改造ではなく台車そのものが交換されたと結論付けられる。

20170802teko302

テコ302も同じ台車を装備していた。ここまで見ると、まるで台車を交換した車両が白帯で区別されているように見えるかもしれないが、そうではない。

20170803teko304

こちらは白帯の入っていないテコ304だが、台車はテコ401やテコ302と同じくコロ軸受の新しいものに交換されている。白帯は台車交換の証ではないのだ。

20170804teko303

こちらも白帯無しのテコ303だが台車は更新済み。白帯を付けているテコ401・テコ302と、白帯無しのテコ304・テコ303.いったい何が違うのか。これについては、次回記事にて考察をしてみようと思う。少なくとも空車を見ても何も分からないことだけは確かである。

20170805ds7

貨車を推進して原石事務所へ向かうディーゼル機関車DS-7。

20170806train

この日は普段より若干早く、15:10頃に青海川を渡る御幸橋付近に現れ、戻りは荷役時間の関係で15:30を過ぎていた。16:00に大沢バス停を発車する糸魚川駅日本海口行きのバス(土日も運転)があるため、撮って戻るには都合がよかった。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ◆鹿児島市電◆散水電車+芝刈電車を観察する | トップページ | ★JR東日本テクノロジー★青森改造センターを俯瞰 »

 D.北陸重機のスイッチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆鹿児島市電◆散水電車+芝刈電車を観察する | トップページ | ★JR東日本テクノロジー★青森改造センターを俯瞰 »