« ★神戸電鉄★鈴蘭台車両工場のバテロコ | トップページ | ◆かもしか号◆旧形客車+EF64プッシュ・プル(201607) »

2017年9月27日 (水)

【O工場の石灰石輸送】空車で工場へ戻る白帯車

 2017年9月某日にD社専用鉄道(通称:原石線)を訪れてみると、興味深い事象をに遭遇した。

Ds7_empty_2

通常は原石事務所から工場へ戻る貨車は石灰石を積んでいるのだが、この日は一味違った。

Ds7_emptyteko304

5両編成のホッパー車のうち、麓側のテコ303、304と、山側のテコ301はこのように石灰石を積んでいたのだが、

Ds7_emptyteko302

中間に連結されたテコ302と、

Ds7_emptyteko401

その隣りのテコ401には石灰石が積まれておらず、空車のまま工場へ戻っていったのである。この空車の2両、共通点は、以前の記事で示した通り、車体側面に白帯が入り他の貨車と識別できるようになっている点である。そしてもう一つ今回判明したのは、この2両に白帯が入っているのは車体の東側だけで、上写真の通り西側にはないということである。今回の観察により、白帯による貨車の区別が積荷に由来し、今回はその積荷が無かったために白帯車だけが空車になったということまでは分かった。謎解きの詳細は、近いうちにまとめさせていただく所存である。今回は、これまでとせていただこう。

◆本記事の撮影場所について◆

 原石線の撮影場所としてポピュラーな御幸橋。その南側にある踏切の手前には、かつて「準構内」と記載された看板があり踏切の先まで通行することができたが、2009年頃から「準」の文字が消されて構内となり、立ち入ることはできなくなった。いっぽう北側の踏切はというと、渡った先7~8メートルの位置に看板がある。このため、今回は看板の手前に立ち看板に背を向けて撮影した。背後にある工場は画角には入らない。この道路は、石灰石を採掘する過程で発生した土砂などを運ぶダンプが頻繁に通過するため、普段であれば立入可否以前に安全のために待避を命じられる可能性が高いが、この日は採掘が休業であったのか、そうした車両が全くやってこず静まりかえっていたので、クルマの邪魔にならずに撮影することができた。車両の西側を観察できる場所は限られているだけに、慎重に対応したい。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは
社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★神戸電鉄★鈴蘭台車両工場のバテロコ | トップページ | ◆かもしか号◆旧形客車+EF64プッシュ・プル(201607) »