« ◆西鹿児島駅前◆スパゲティレストラン ヴェスビオ | トップページ | ★神戸電鉄★鈴蘭台車両工場のバテロコ »

2017年9月18日 (月)

■鉄鋼メーカーK社T製作所の機関車■北陸重機工業製DL3

 2012年頃だったでしょうか、鉄鋼メーカーK社のT製作所に、新しい機関車が導入されました。北陸重機工業製の45トン B-Bで、それまで活躍していた日本車輌製造製35トンB-Bの番号を拝借し、DL3となりました。

201610tksg_hj45bb01

昨年秋、某鉄道会社のイベントに参加したあと、最寄りのJR駅からレンタサイクルを20分程走らせて現場に到着すると、ちょうど原料の鉄スクラップを積んだ貨車を北側(左手)の工場から引き出して戻ってくるところに遭遇しました。荷卸ししたのか、空のようです。切り離すと、

201610tksg_hj45bb02

今度は右手に留置してあった鋼塊1個を積んだ貨車を牽引して、また北側の工場へ消えていきました。貨車は2軸ボギーで、台枠側面に「120Ton」の表記があることから、荷重120tということになります。JRであれば大物車でしか運べないような重量物をいとも簡単に運べる頼もしい貨車ですね。

201610tksg_hj45bb03

しばらくすると、また北側の工場から今度は鍛造した半製品を積んだ貨車を推進して出てきました。もちろん、時間から考えて先程の鋼塊とは別物ですし、積んでいる貨車も異なります。貨車は台枠側面に「100T」との表記がありますので荷重100tですね。

●北陸重機工業製45トンB-B機関車 DL 3

201610tksg_hj45bb04

DL3は、2009年頃に同社のK製鉄所に導入された45トン機に類似していますが、手すりや階段の形状、簡易運転台入口上部に雨樋があるなど相違点があります。エンジンは、過去にK製鉄所に納入された北陸重機工業製のディーゼル機関車同様、キャタピラー社製C-15ACERTあたり(もしくはその後継製品)を採用しているのではないかと推測されますが、いかんせん情報がありません。

201610tksg_hj45bb05

この機関車は、日経新聞2015年5月19日版などでも報じられているように、アイドリングストップ機能を有しているようです。これは、連続1分以上停車している場合にエンジンを自動停止する機能です。元は2012年4月の税制改正で軽油の免税措置が廃止される方針が示されたことに対応するためのコスト削減の施策でした。もちろんCO削減にもつながりますが。

ふつうのDLであれば、アイドリング音が聞こえていたら「もうじき動くかな…」などと先読みしたりできますが、このDL3は停車中エンジンを止めていますので、厄介です。そして突然音もなく走り出します。油断ができません。製鉄所の機関車は運転士によるリモコン制御が基本となるため、運転士が乗る前から走り出すので、尚更です。

ちなみにこの日は日曜日、DL3は15時前に岸壁の定位置へ戻り、運転士も帰ってしまいました。いつも日曜日は15時を過ぎると入換はないので、すぐに撤収しました。いちおう公道ですが、警察のパトロール巡回もあるので、長居して問題を起こさないうご配慮お願いします。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ◆西鹿児島駅前◆スパゲティレストラン ヴェスビオ | トップページ | ★神戸電鉄★鈴蘭台車両工場のバテロコ »

 D.北陸重機のスイッチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆西鹿児島駅前◆スパゲティレストラン ヴェスビオ | トップページ | ★神戸電鉄★鈴蘭台車両工場のバテロコ »