« ◆東邦号◆小名浜・安中精錬所の定修明け | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第250回 ■日豊工臨返却(201709) »

2017年9月11日 (月)

【くろがね線を読み解く】第249回 ■小倉地区D302も新塗装化

 続々と塗装変更されて出場しているY製鉄所小倉地区の機関車。先日こちらのついでに訪れると、日立製作所製D302も新塗装で活躍していた。

Kokurad30202

岸壁で長物車の入換作業中のD302。拡大してみると…

Kokurad30201

先に新塗装で出場したD301と比べ、ゴンドラ(車端部の簡易運転台)の形状やキャブ側面の社名表記の有無が異なることが分かる。またキャブ前面の窓も埋められておらず、この機関車の原型を留めている。日立製の2エンジン機は、日本国内を探してももうあまり残っておらず(そもそも日立のスイッチャーを使用している専用線が数えるほどしかない)、貴重な機関車である。日立のサプライリストから諸元を引用しておく(製造番号のみ渡辺台帳を参照)。

  • 自  重   35t
  • 車軸配置  B-B
  • 機  関   新潟鐵工所 DMH17C(180ps/1500rpm) × 2基
  • 液体変速機 新潟コンバーター DB115 × 2基
  • 最高速度  32.7km/h
  • 製造年   1969年(昭和44年)10月
  • 製造者   日立製作所
  • 製造番号  13102

D302は、先述のD301(製番13101)と同時製造・納入の姉妹機である。エンジン・液体変速機共に国鉄DD11形ディーゼル機関車の流れをくみ、1エンジン・1変速機のペアを2セット搭載する。日立製のこのサイズの2エンジン機は、液体変速機に振興造機(神鋼造機)社製の乾式単板クラッチ・TC-2を採用している例もあるが、D302には新潟コンバーター社製の汎用品である湿式多板クラッチ・DB115が採用されている。

Db115
■液体変速機DB115 1984年3月新潟コンバーター社製、シリアル番号1156248
 (
関東鉄道水海道車両基地公開時に撮影)

TC-2と、DB115のルーツであるDF115は、いずれも1950~60年代に国鉄・私鉄のDMH17系エンジンを搭載する気動車や小型機関車に採用された液体変速機で、振興造機TC-2はスウェーデンのユングストレム社(AB Ljungströms Ångturbin、現在のSvenska Rotor Maskiner AB)から、いっぽうの新潟コンバーターDF115は米国ツインディスク社(Twin Disc, Inc.)から技術供与を受けて製作されたものである。当時の日本の技術では、エンジンの国産化はできても、液体変速機まで純国産というわけにはいかなかったのである。

●最高速度には要注意

 日立のサプライリストには、各機関車毎に最高速度が記載されているのだが、これが曲者である。以前、日立製の別の複数のディーゼル機関車について調べた際に、縁あって、かつてH社でディーゼル機関車の研究に従事されていたOBの方にお願いして、それぞれの最高速度を計算していただいたことがある。その結果、カタログ値とは異なる値を示す車両が複数見つかった。本記事には一先ずカタログスペックを掲載しているが、前述の計算者によると、日立のサプライリストに掲載されている最高速度は一部怪しい値が含まれているとのことなので、参考程度ととらえたい。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ◆東邦号◆小名浜・安中精錬所の定修明け | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第250回 ■日豊工臨返却(201709) »

▼くろがね線を読み解く」カテゴリの記事

 B.日立のスイッチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆東邦号◆小名浜・安中精錬所の定修明け | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第250回 ■日豊工臨返却(201709) »