« 【くろがね線を読み解く】第252回 ■戸畑地区に存在した謎の試験線 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第253回 ■東洋製鉄からの編入鉄側車 »

2017年10月29日 (日)

★130万アクセス突破★一畑電車7000系登場時試運転

 2016年12月から運行開始した、一畑電車の7000系。昨年デハニ撮影のついでに試運転も撮っていました。11月14日、デハニ53が体験運転で構内を往復するのを撮るため、車庫のある雲州平田駅に正午前に着くと、

Bataden700100

7000系電車が東側にある古い車庫の手前に留置されており、しばらくするとホームへ入ってきました。

Bataden700101

デハニを撮り終えて13時過ぎにホームに戻ってもまだいたので、これは試運転があるかもしれないと考え、後部標識灯の点灯していない方へ発車すると想定し、少し離れた田園地帯へ移動。

Bataden700102

すると14時過ぎにやってきました。今では色付けされている車体は、この試運転当時はまだ無塗装。こうして側面から見てみると、近畿車輛で製造されたJR四国7000系の車体をベースにしていることがよく分かります。もっとも中央扉に見える部分は扉ではなく壁で、制御装置と主電動機はモハ225とほぼ同じですので、7000系の同型車に括るのはやや問題があるでしょう。ちょうど、モハ223とクモハ125の関係に似ていますね。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第252回 ■戸畑地区に存在した謎の試験線 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第253回 ■東洋製鉄からの編入鉄側車 »

▽私鉄の希少車輌 6.中国四国」カテゴリの記事

アクセス突破記念」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【くろがね線を読み解く】第252回 ■戸畑地区に存在した謎の試験線 | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第253回 ■東洋製鉄からの編入鉄側車 »