« ◆尾去沢鉱山の保存車◆ニチユ10tロッド駆動と仲間たち | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第251回 ■150mレール輸送新下関着後入換 »

2017年10月 7日 (土)

■塩浜行183列車■稲沢交番検査後回送

 昨年11月23日に四日市を訪れた際、久々に海山道駅ホームから183列車を見ることができました。

183re

記憶が正しければ、稲沢の愛知機関区で交番検査を受けて塩浜へ戻るタキ車回送用の送り込みスジであったと思いますが、この日は国鉄色のDD51形853号機がタキ43000形243731を1両連結した模型のような編成でした。

Shiohamaht25b20161123

塩浜駅連絡の石油元売メーカーS社の四日市製油所専用側線では、なぜか一昨年あたりから、日立製スイッチャーであるNo.10/11の稼働率が上がっているように思えますが、気のせいでしょうか。北陸重機工業製No.14/15の調子が悪いのでしょうか。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ◆尾去沢鉱山の保存車◆ニチユ10tロッド駆動と仲間たち | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第251回 ■150mレール輸送新下関着後入換 »

▼JRの珍車・名車」カテゴリの記事

 B.日立のスイッチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆尾去沢鉱山の保存車◆ニチユ10tロッド駆動と仲間たち | トップページ | 【くろがね線を読み解く】第251回 ■150mレール輸送新下関着後入換 »