« ★新日鉄住金★尼崎製造所の機関車No.5 | トップページ | ★某所のスイッチャー★DD10 »

2017年11月18日 (土)

1986年末の国鉄鹿児島運転所

 小学生時代の1986年末から翌年始にかけて帰省した際の写真から。この時は墓参りの帰路で、いつも素通りしている鹿児島運転所の写真を撮りたいとお願いして、なんとか同行する祖父母の許可が下りた日です。祖父母はどちらも現役時代は教職に就いていましたが、古い人なので鉄道趣味は道楽という考えが根強く、また文系人間でしたので、鉄道を技術的な視点で見れば勉強になる点もあるという考えはまるでありませんでした(苦笑) この時も、鉄道に理解を示したわけではなく、お墓の掃除をしっかりやったのでそのご褒美として立ち寄りが許された次第です。

Kagoshimauntenjo198701
■鹿児島運転所に留置中の車両群。    1986年12月30日

国鉄末期の多客期には、関西から鹿児島へ多くの臨時列車が運転されており、日中の鹿児島運転所には鹿児島ではあまり見慣れない車両がよく並んでいて楽しかったものです。

この日は、写真中央に見える通りサロンカーなにわの編成が留置されていました。なにわ編成は、夜行急行「サロンカー屋久島」として、新大阪-西鹿児島(現 鹿児島中央)間でよく運転されていました。その右手にいるディーゼル機関車は、DD16形57号機です。DD16形は当時21、54~65号機の計13両(休車を含む)が鹿児島機関区に配置されており、鹿児島機関区はDD16形の一機関区配置両数としては日本最多を誇っていました。この時はもう南九州の非電化路線の貨物輸送は全廃されていましたので、このように運転所内の入換やマヤ検測がDD16形の主な任務でした。

サロンカーなにわ編成の左には、波動用の14系座席車が見えます。当時鹿児島運転所に14系座席車の配置は無かったので、これも関西から来た西鹿児島行の臨時夜行列車に充当されたものと思われます。その左には24系25形客車(寝台特急はやぶさか寝台特急なはの基本編成)がおり、更に左には20系客車が見えます。20系はテールマークの絵柄から、新大阪-西鹿児島間で運転されていた臨時寝台特急明星と判断できますね。

Kagoshimauntenjo198702

鹿児島運転所の南側にある留置線は、西側を公道が並走するので、車両を側面からじっくり眺められる良い場所でした(2016年現在はJR九州の社用駐車場と化しています)。上はキハ52 49で、主に肥薩線(日豊本線直通運用含む)で使用されていたと記憶しております。国鉄末期の指宿枕崎線はキハ58系かキハ40系がほとんどで、キハ52は見たことがありませんので。

Kagoshimauntenjo198703

こちらはキハ52 49の右手に留置されていたキハ28 3015、らくだ号です。国鉄の気動車ジョイフルトレイン第1号は鹿児島運転所の初代らくだ号(キハ58 140、190/キハ28 2420、2436)で、水色のストライプが入りパノラミックウィンドウとスカートを装備したこれは2代目です。なぜ「らくだ」なのかというと、当時国鉄のトクトクきっぷのイメージキャラクターが「らくだ」だったためです。なお初代と2代目は、一時期共存・共用されていましたので、初代が2代目で置き換えられたわけではなく、増備車です。初代のうち2両は、国鉄時代のうちにお座敷車両「ゆ~とぴあ」に改造されて消滅しました。

Kagoshimauntenjo198704

これは年明けに再訪し、唯一、職員の方にお願いして敷地内から撮らせてもらった写真です。左は門司港-西鹿児島間を鹿児島本線経由で運転していた急行かいもんのオハネフ25、右は新大阪-西鹿児島間で運転していた臨時寝台特急明星のナハネフ22です。かいもんは、オハネフ25+オハネ25と12系客車を混結した編成で、日豊本線経由で同区間を連絡していた急行日南とともに興味深い編成でした。24系客車の電源は、24系の電源車(カニ24やカヤ24など)から供給されるのが普通ですが、スハフ12で発電したサービス電源(三相交流440V)を24系客車に供給する一風変わった電源方式に衝撃を覚えたものです。私が客車の車両の仕組みに興味を持つきっかけになった列車ですね。いっぽうの明星は、最後尾が切妻型のナハネフ23になることがままあり、ナハネフ22の絵入り明星テールマークは貴重であったと記憶しています。この当時20系客車は、既に定期の寝台特急からは撤退していましたが、臨時ならばまだまだ現役でした。でもあっという間に無くなってしまいましたね。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★新日鉄住金★尼崎製造所の機関車No.5 | トップページ | ★某所のスイッチャー★DD10 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★新日鉄住金★尼崎製造所の機関車No.5 | トップページ | ★某所のスイッチャー★DD10 »