« 2017年12月 | トップページ

2018年1月

2018年1月14日 (日)

◆新京成電鉄◆謹賀新年2018戌年

 千葉県内を走る準大手私鉄の新京成電鉄では、毎年元旦から2週間ほどのあいだ、その年の干支をデザインした謹賀新年ヘッドマークを掲出した編成を1本運行しています。

8811f2018newyear2
■2018謹賀新年ヘッドマークは8811編成に掲出された。    2018年1月13日、松戸-京成津田沼

松戸出身の私としては、年始に自宅にいるときは外出がてら撮影しています。今年の年始は多忙でなかなか撮りに行けず、先週は先週で今度はHM付編成がくぬぎ山の車両基地に入庫してしまっており撮ることができませんでしたが、この土曜にようやく対面することができました。

8811f2018newyear3hm

今年は戌年ということで、鏡餅に犬2匹をデザインした可愛らしいヘッドマークになりました。新京成線で1回と、

8811f2018newyear1a
■京成千葉線にも積極的に乗り入れた。    2018年1月13日、千葉中央-京成津田沼

直通運転先の京成電鉄千葉線でも返しを撮影。新京成電鉄では、ここ数年で新塗装への塗り替えが進んでおり、旧塗装の編成もあまり多くは残っていないので、意外と沿線に撮り鉄の姿が見られました。船橋市の非公認キャラクター「ふなっしー」をデザインしたふなっしートレイン目当てというのもあるかもしれませんが。

なおこの場所は京成3300形電車が引退する際に訪れている場所で(過去の青電ファイアーオレンジの記事を参照)、かつては川沿いに印旛沼埋め立て用の土砂運搬工事軌道がありました。当時はまだ廃線跡が遊歩道として残っていたのですが、今回訪問してみると、300mほど上流まで道路の拡幅に転用されて姿を消していました。その北側は残っていたのですが、ここは終点に近く痕跡が多かっただけに、残念です。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (0)

2018年1月 7日 (日)

★DD200形電気式ディーゼル機関車★試験のため北九州タへ

 新年最初の報告はこちら。

Ef210136dd200901a
■DD200-901甲種輸送(甲193)。牽引機はEF210-136。   2018年1月4日、千里丘-岸辺

2018年1月4日から5日にかけて、新鶴見→北九州タ間で実施された、DD200形電気式ディーゼル機関車の甲種輸送。この日は別件で関西にいたのですが、午後に時間があったのでついでに撮影。本線走行も入換もこなせるDE10形ディーゼル機関車の後継機ですが、北九州タでどのような試験が実施されるのでしょうか。

Ef210136dd200901b

新鶴見→吹田タ間は、高速貨物列車5085列車の機関車次位に連結されましたが、年始で貨車が連結されないため、文字通り甲種輸送列車らしい姿になりました。翌日の吹田タ→北九州タ間は2073列車でしたが、こちらはDD200の後ろにコンテナ貨車が連結されていたようです。なお、新鶴見への戻りは1月12日の2072列車北九州タ→吹田タ間機関車次位連結です。広島県内で日が暮れますが、EF66形牽引なので面白そうですね(行けませんが)。つづく吹田タ→稲沢間は1月14日の8864列車、稲沢→新鶴見間は1月15日の5090列車となります。いずれも日没後の輸送ですね。途中駅の通過時刻は貨物時刻表2017をご覧ください。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

| | コメント (3)

« 2017年12月 | トップページ