« ■懐かしの都営新宿線■10-000形の引退 | トップページ | ◆札幌市交通局◆ササラ電車 »

2018年3月 6日 (火)

★保存車★元 五稜郭車両所のスイッチャー

 TV番組「空から地球を見てみよう」で紹介された、北海道某所の幼稚園の保存車たち。

Ky20lb01

敷地外からも781系電車や50系客車の姿がみえます。この日は月曜祝日で園児のいない休園日?でしたので、外からならば写真を撮っても問題ないと判断しましたが、偶然にもちょうど職員の方がクルマで到着したので、撮影について尋ねてみました。すると、今日は子供たちがいないので屋外なら敷地内に入ってもOKとの許可が下りました。ありがたいことです。

Ky20lb02

快速海峡に使用されていた50系客車はもちろん、

Ky20lb03

781系はクモハ781-2、サハ780-4、モハ781-4、クハ780-2の4両が保存されています。その気なれば編成が組めますね。なかなか凄い。でもここを訪ねた本当の狙いは、

Ky20lb04

国鉄五稜郭車両所で使用されていたスイッチャーをじっくり観察することです。他の車両はすべてダルマでしたが、この機関車だけは長さ7メートルほどの線路の上に乗っています。元々、この機関車だけしかなくて、他の車両は後から増えたのかもしれませんね。

Ky20lb05

ボンネット妻面には、ドラえもん海底列車のヘッドマークが取り付けられていました。

Ky20lb06

こちらはキャブ妻面で同様にヘッドマーク付。ボンネット側より直射日光の当たる時間が短いので、こちらの方が色褪せずにクッキリ見えますね。

Ky20lb07

銘板を読み取ると、以下の通りでした。

  • 製造者 : 協三工業
  • 製造年月: 1977年(昭和52年)3月
  • 製造番号: 20981
  • 自 重  : 20t
  • 最大運転車数(換算):30
  • 最高速度: 15km/h
  • 機械番号: 06-28-01-004

ネットを検索すると、このスイッチャーを国鉄鷹取工場で使用されていたものと記載しているサイトがありますが、鷹取工場の協三20t機(機械番号は同一)は1973年製造で製造番号20834ですから、このスイッチャーとは全くの別物です。

この日は、朝八戸貨物駅で八戸臨海鉄道の機関車による入換を撮影してから、新幹線で函館に向かいました。八戸の天気はいまいちでしたが、海峡を渡ると函館は天気も良く、じっくり観察できてよかったです。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ■懐かしの都営新宿線■10-000形の引退 | トップページ | ◆札幌市交通局◆ササラ電車 »

▼C.協三工業のスイッチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■懐かしの都営新宿線■10-000形の引退 | トップページ | ◆札幌市交通局◆ササラ電車 »