« ★常陸多賀★H社専用鉄道の大物車引き込み | トップページ | ■国鉄色■JR貨物EF65形2066号機 »

2018年3月27日 (火)

◆さようなら大阪市交通局◆期間限定ヘッドマーク

 来る2018年4月1日、大阪市交通局が民営化されます。鉄道事業が「OsakaMetro」、バス事業が「大阪シティバス」として再出発することになりました。これを記念して、3月19日(月)~31日(土)までのわずか2週間だけ、地下鉄御堂筋線の車両にヘッドマークが掲出されることになりました。

通常であれば、ヘッドマークのためにわざわざ関西へ行くことはないのですが、ちょうど和歌山県でスイッチャー走行イベントが開催されることが決まったので、日帰り訪問ついでに地下鉄も撮ることにしました。

Osakacityfinal01

JR東海ツアーズのパックツアー『日帰り1day行っトクか!大阪(通常の日帰り1day大阪より¥500-お得)』で指定されたのぞみ99号に乗り、新大阪で下車すると、すぐにやってきた千里中央行の列車がいきなりヘッドマーク付編成でした。ヘッドマーク付編成は全部で3本あるらしいので、もう少し良い場所へ移動することにします。

Osakacityfinal02

西中へ移動すると、今度は千里中央方面からなかもず行きがやってきました。

Osakacityfinal03

これが記念ヘッドマーク。この図案を元に4月1日に大阪市交通局路線全廃のエイプリルフールネタをやる人いないかなぁ(笑)

Osakacityfinal04

3本目はどちらからやってくるのかと思っていると、ほどなく梅田方面から千里中央行がやってきました。淀川橋梁を渡ってきたヘッドマーク付の10系未更新車、軌道両側を自動車が走行しているいかにも御堂筋線らしい絵が撮れました。すぐに列車に乗り今度は北を目指します。

Osakacityfinal05

緑地公園駅は、通常のダイヤだと上下列車がすれ違いまともに撮れないのですが、この時は千里中央行がたまたま2分ほど遅れていたのですれ違わず、うまくいきました。本来はここで撮るつもりはなく、奥に見える阪急系列のテナントビルの立体駐車場(下のフロアは大手家電量販店)から俯瞰するつもりだったのですが、よく考えたら俯瞰するとヘッドマークが読み取れないほど小さくなってしまうので、やめました。撮ったらこんな風になります(→こちら)。

Osakacityfinal06

大阪市交通局を象徴する「マルコ」マークともお別れですね。

●おまけ

Kitakyu9003

 地下鉄御堂筋線と相互乗り入れをしている北大阪急行の新型も、ついでに撮れました。この9000形は2回乗ったことがあるのですが、まだまともに撮っていなかったので良かったです。最近の通勤形電車は、前面に曲線や曲面を多用する傾向があります。御堂筋線30000系も例外ではありません。対して9000形の面構えは直線と平面で構成されており、良くも悪くもあまり今風ではありませんが、平面同士の接している線の角度が絶妙でセンスの良さを感じます。内装も、木目調の化粧板や黄緑色のシートなど阪急資本が入っているだけあって落ち着いた雰囲気を醸し出しています。しいて欠点を挙げれば、発車する時のミュージックホーンが、お笑い番組でボケた直後にかかる効果音のような腑抜けた音色になっている点でしょうか(笑) まぁ個性といえば個性ですが。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★常陸多賀★H社専用鉄道の大物車引き込み | トップページ | ■国鉄色■JR貨物EF65形2066号機 »

▽私鉄の希少車輌 5.近畿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★常陸多賀★H社専用鉄道の大物車引き込み | トップページ | ■国鉄色■JR貨物EF65形2066号機 »