« ★八戸通運のスイッチャー★DC3002保存車 | トップページ | ◆八戸臨海鉄道◆レール輸送列車 »

2018年4月19日 (木)

★コスモ石油のスイッチャー★日通No.12

 かつてJR四日市駅に連絡するコスモ石油四日市事業所の専用側線の車両入換用として、日通のNo.12というスイッチャーがいました。

No121

いつ頃いなくなったのか記憶が定かではありませんが、撮影した2009年にはまだ現役でした。

No122

この当時は、まだ現在のように絶対信号機直下へ入線する機関車にATS-SFの装備が義務化されてはいなかったので、スイッチャーが四日市駅の着発線まで貨車を受け取りに来るチャンスを利用して、このように両側から綺麗に撮れたものです。

No123

台湾のセメント会社に譲渡されたとの情報があります。はたしてどこなのか。台湾のセメントメーカーの専用線で2軸機を使用しているところはあまり多くないので…。なお譲渡にあたり、キャブ屋根上の前位側に取り付けられていたヘッドライトはボンネット先端に移設され、スパークアレスタも撤去されたとの情報もあり、確認は取れていませんが、色が塗り替えられていると外観を見ただけで特定することは難しいかもしれませんね。

No.12は2018年4月現在でもコスモ石油専用側線で使用されているとのことです。ただしここ数年、駅から製油所入口まではDE10形による牽引で、門扉の外側に少し出てくるだけのようです。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« ★八戸通運のスイッチャー★DC3002保存車 | トップページ | ◆八戸臨海鉄道◆レール輸送列車 »

▼D.北陸重機のスイッチャー」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。

コスモ石油四日市事業所専用線の日通12号機ですね。

2014年9月にRM誌の取材で撮影に行きましたが、その時は活躍中でした。
しかし、その時点で既に工場入口までDE10の牽引に変わってまして、入換機は構内部分での活躍でした。 ということで、残念ながら四日市駅までの走行シーンは撮れません...

それと、2014年9月の時点で、向きが反対になっているため、なかなか正面側を撮るのも難しいですね。

投稿: 南野哲志 | 2018年4月20日 (金) 06:44

南野哲志様コメントありがとうございます!
どうやら、私に台湾譲渡情報をくれた方の勘違いで、No.12はまだ四日市で現役のようです。複数の方からメール等で連絡をいただきました。
後日、本文に追記します。ありがたいことです。

向きが逆になって久しいですが、そろそろ元の向きに戻って欲しいですね。
いまはもう貨物一種区間を除き着発線での貨車授受にはATS必須なのでDE10ですがこの機関車も先は長くないので、
HD300に置き換えるくらいなら、DB500重連でタキを牽引して欲しいものです。

投稿: 社長 | 2018年5月 2日 (水) 10:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★八戸通運のスイッチャー★DC3002保存車 | トップページ | ◆八戸臨海鉄道◆レール輸送列車 »