« ★コスモ石油のスイッチャー★日通No.12 | トップページ | ■倉賀野駅の入換機関車■DE10の検査車プッシュプル!? »

2018年4月21日 (土)

◆八戸臨海鉄道◆レール輸送列車

 JR八戸貨物駅と、三菱製紙八戸工場専用側線が連絡している北沼駅の間で、印刷用紙や再生パルプ用古紙などをコンテナ輸送している八戸臨海鉄道では、機会は少ないものの、毎年鉄道用レールの輸送が行われています。輸送といっても荷主から求められたものではなく、自己の用に供するもの(いわゆる自家用)ですが。

とある夜、青い森鉄道のレール保守基地のある三戸駅から八戸臨海鉄道北沼駅までレールが運ばれる夢を見たので、4月の週末にブログ読者のタムタキさんと共に八戸に行くことにしました。いつも例のごとく、現地集合・現地解散です。

Hachirinrail01

青い森鉄道線内(三戸-八戸貨物)の輸送は2018年4月14日土曜日で、JR貨物のEH500形電気機関車35号機が長物車4両を牽引しました。レールは機関車寄りの2両のみに積まれており、後ろ2両は空車でした。

Hachirinrail02

八戸臨海鉄道内(八戸貨物-北沼)は翌15日日曜日で、JR東日本より八戸臨海鉄道へ譲渡されたDD16形ディーゼル機関車303号機が牽引。

Hachirinrail03

列車は八戸貨物7:40発の下り1本目(11列車)でした。撮影するとすぐに北沼駅へ移動します。

Hachirinrail04

着いてみるとちょうど機回し中でした。2本の線路の間にレールが数十本卸してありますので、同じ場所に追加して並べていくのでしょうか。

Hachirinrail05

八戸貨物寄りの詰所(北沼駅舎?)付近でスイッチバックすると、

Hachirinrail06

長物車の反対側に連結して引き出し、

Hachirinrail07

推進で北側の線路に入換えます。

Hachirinrail08

レールをよく見てみると、隣接するレールと締結するための穴がありますので、このレールは青い森鉄道で使用されていた中古のレールということになります。

Hachirinrail09

押し込むと、機関車は長物車を切り離して待機します。

Hachirinrail10

車票と特大貨物検査票をチェックしてみましょう。左の車票は、仙台臨海鉄道仙台埠頭(定尺レールを積み込む駅)発、陸前山王経由、青い森鉄道三戸行のレール輸送の車票で、発送日が4月7日と記載されています。しかし右の特大貨物検査票を見ると不思議なことが起きています。特大貨物検査票には、「50N 25mレール ×45本|平成30年4月12日 仙台総合鉄道部宮城野派出」と記載されており、発送日より後に積み付け検査が実施されたことになっています。通常、積み付け検査は発送日の前日以前に実施されることを考えると、八戸臨海鉄道にやってきたレールは、仙台埠頭で積み込まれたものではなく、仙台埠頭を発車した後で、途中駅で積まれたということになります。そして、仙台埠頭で積み込まれたレールの向け先が三戸であることから、三戸でレールを卸した空車に、新たに積まれたレールであることがわかります。

Hachirinrail11

レールを積んだ長物車、チキ6000形。北沼寄りから順にチキ6373(積)+チキ6148(積)+6252(空)+6151(空)でした。

Hachirinrail12

DD16形ディーゼル機関車は、12列車として定刻に単機で八戸貨物へと戻っていきましたが、我々はそんなものは気にも留めずに荷役シーンを見届けます。まずは、木材で養生した線路の上を、クレーン車が横断します。


Hachirinrail13

南側の線路の上で進行方向を変え、

Hachirinrail14

レールとレールの間の枕木の上に片輪を走らせて荷卸しするレールの真横までやってきました。

Hachirinrail15

雨の中黙々と作業を続けるスタッフ。レール荷卸しは大変スムーズに進み、

Hachirinrail16

2時間もするとすべての作業が終わっていました。貨物時刻表によれば次の上り便は午後一の16列車ですので、それまでの合間の時間で某所のスイッチャーを撮り、空車の引き取りも狙います。

Hachirinrail17

予想通り16列車の送り込みとなる15列車は単機回送でやってきました。

Hachirinrail18

DD16の定期列車自体がもう珍しいですが、そのサイドビューを障害物無しで綺麗に撮れる場所というのも、あまり多くないかもしれません。

Hachirinrail19

後追い。DD16形の最高速度は75km/hですが、八戸臨海鉄道内ではそこまで速度を出すことはありません。でも今までの経験上、DD56形よりは明らかに速い時があります。

Hachirinrail20

15列車の4~5分後にやってくる八戸線のうみねこを撮影後、北沼へ移動。

Hachirinrail21

16列車は出発準備完了していました。すぐに馬淵川沿いへ移動します。

Hachirinrail22

レール輸送返空の16列車。

Hachirinrail23

なんだか小海線や飯山線の臨時工事列車に見えてしまうのは残念ですが、これはこれで雰囲気があります。

Hachirinrail24

もし今後、レール輸送列車がDD56形で運行されることがあったら、また撮ってみたいですね。

Hachirinrail25

後追い。この後は八戸駅前のドトールで休憩した後、タムタキさんとお別れし、帰路につきました。天気には恵まれませんでしたが、とても珍しい列車を撮ることができて良かったです。タムタキさんにもご満足いただけたようで何よりです。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 (鉄道ブログポータルサイト)

|

« ★コスモ石油のスイッチャー★日通No.12 | トップページ | ■倉賀野駅の入換機関車■DE10の検査車プッシュプル!? »

▽JRの珍車・名車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★コスモ石油のスイッチャー★日通No.12 | トップページ | ■倉賀野駅の入換機関車■DE10の検査車プッシュプル!? »