« 【くろがね線を読み解く】第270回 ■E8501の復活 | トップページ | ◆京急1000形電車◆ラッピング編成と塗装編成 »

2018年5月12日 (土)

◆神奈川臨海鉄道本牧駅のSL◆C56139

 本日昼前、神奈川臨海鉄道本牧駅の機関庫内に保管されているC56形蒸気機関車139号が屋外に出たようですね。これまでも神奈川臨海鉄道の子会社の企画するツアーに合わせて表に出すことが何度かありましたが、圧巻は5年前の50周年記念イベントでしょう。

C56139_13052601

2013年5月26日に企画されたイベントでは、午前・午後の各2回、ディーゼル機関車による牽引・推進ながらC56 139が貨車を連結して貨物列車風に走りました。

C56139_13052602

C56といえば、比較的路線長の長いローカル線の客貨両用機関車のイメージがあり、大都市港湾部の貨物線には正直似合いませんが、国際貿易港を擁するミナトヨコハマのことですから客車より貨車の方が土地柄にマッチしいているという見方もできますね。貨車はすべて余所からこのイベントのために持ってきたものです。シキはやり過ぎだろうという気もしますが(笑)

C56139_13052604

お気に入りは、貨物駅に到着するSL牽引の貨物列車と離合するDL牽引の貨物列車、というシーンですね。SLから煙が出ていますが鉄道模型愛好家にはお馴染みのあの匂いがしました(笑)

C56139_13052603

石炭由来ではありませんが発煙サービスは良かったです。この年は、前年2012年に京葉臨海鉄道が50周年記念イベントを3回に分けてかなり大がかりに実施した後でしたが、神奈川臨海鉄道も負けず劣らず素晴らしい内容でした。

■展示車両

C56139_13052605

C56形139号。

Dd5518_13052611

DD55形ディーゼル機関車18号機。50周年記念ヘッドマーク付。

Dd5518_13052612

海上コンテナ積のコキを牽引。

Dd602_13052613

DD60形ディーゼル機関車2号機。本牧を訪ねるのは、最近では鉄道車両の甲種輸送の時くらいになってしまいましたが、たまには行ってみるのも面白そうですね。

【注意】
 当記事掲載の写真は、特記の無い限りすべて公道(もしくは社会通念上立入りの許される区域)から撮影したものです。無断で私有地・社有地等へ立ち入ることは絶対におやめください。

【著作権の表示】
 当ブログの著作権者は、特記の無い限り、私 「社長」です。当ブログのすべての文章・写真・図面および図表は、日本国の法律(著作権法)と国際条約によって保護されています。改変したものも含めて、著作権者に無断で複製・配布することは出来ません。

|

« 【くろがね線を読み解く】第270回 ■E8501の復活 | トップページ | ◆京急1000形電車◆ラッピング編成と塗装編成 »

▽私鉄の希少車輌 2.関東甲信越」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【くろがね線を読み解く】第270回 ■E8501の復活 | トップページ | ◆京急1000形電車◆ラッピング編成と塗装編成 »